フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 孟浩然「早寒江上有懷」訳詩 | トップページ | HP開設8周年記念 芥川龍之介 (我輩も犬である 名前は勿論ない……) »

2013/06/26

海 萩原朔太郎 (初出形)

 海

 海を越えて、人々は向ふに「ある」ことを信じている。島が、陸が、新世界が。
 しかしながら海は、一の廣茫とした眺めにすぎない。無限に、つかみどころがなく、單調で飽きつぽい景色を見る。
 海の印象から、人々は早い疲勞を感じてしまふ。浪が引き、また寄せてくる反復から、人生の退屈な日課を思ひ出す。そして日向の砂上に寢ころびながら、海を見ている心の隅に、ある空漠たる、不滿の苛だたしさを感じてくる。
 海は、人生の疲勞を反映する。希望や、空想や、旅情やが、浪を越えて行くのではなく、空間の無限における地平線の切斷から、限りなく單調になり、想像の棲むべき山影を消してしまふ。海には空想のヒダがなく、見渡す限り平板で、白晝(ひるま)の太陽が及ぶ限り、その「現實」を照らしてゐる。海を見る心は空漠として味氣がない。しかしながら物倦き悲哀が、ふだんの浪音のやうに迫つてくる。
 海を越えて、人々は向ふにあることを信じてゐる。島が、陸が、新世界が。けれどもああ! もし海に來て見れば、海は我々の疲勞を反映する。過去の長き、厭はしき、無意味な生活の旅の疲れが、一時に漠然と現はれてくる。人々はげつそりとし、ものうくなり、空虛なさびしい心を感じて、磯草の枯れる砂山の上にくずれてしまふ。
 人々は熱情から――戀や、旅情や、ローマンスから――しばしは海へあこがれてくる。いかにひろびろとした、自由な明るい印象が、人々の眼をひろくすることぞ! しかしながらただ一瞬。そして夕方の疲勞から、にはかに老衰して歸つて行く。
 海の巨大な平面が、かく人の觀念を正誤する。

[やぶちゃん注:『日本詩人』第六巻第六号・大正十五(一九二六)年六月号に掲載された。後に昭和四(一九二九)年十月第一書房刊のアフォリズム集「虚妄の正義」及び詩集「宿命」(昭和一四(一九二九)年創元社刊)に再録されているが、ここでは初出を示した。但し、「磯草の枯れる砂山の上にくずれてしまふ」の部分は初出では「砂草の枯れる磯山の上にくずれてしまふ」で奇異であり、再録版でもともに「磯草の枯れる砂山の上にくずれてしまふ」となっているので、誤記か植字ミスと判断し、かく標記した。太字「げつそり」は底本では傍点「ヽ」。]

« 中島敦 孟浩然「早寒江上有懷」訳詩 | トップページ | HP開設8周年記念 芥川龍之介 (我輩も犬である 名前は勿論ない……) »