フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 4 初めての一時間の汽車の旅 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(4) »

2013/08/30

明恵上人夢記 22

22
同十八日の朝、二條に詣りて此の事を受け取る。同十九日、山に登る。
一、其の夜、夢に云はく、海中に二本の口の如くなる木をたてて、二枝並べたり。其(それ)に次ぎて、又、なはえて二張りの口の如くなる木を立て副へたり。將に船に乘らむとする時、呂を以て橋と爲(す)るが如しと云々。此の階(はし)よりつたひ登りて頂に到る。此の豎(たて)に立てたる呂の頭に木を打てり。心に思はく、右の方には二つあり。夏(か)の桀王(けちわう)也。左の方に一つあり。殷(いん)の紂王(ちうわう)也。即ち口に唱へて言はく、「夏の桀王、殷の王」と云ひて、左の方の一つを拔き取り、右手を拳(にぎ)り、逼(せ)めて掌中に拳り、下りて將に彼の岸に還らむとす。以ての外の大事なるべし。禪道を呼びて海より來らしむ。岸に到らむと欲するに、橋高ければ、禪道之肩及ぶべからずと思ふ。即ち、杖を以て海に立てて、起つに任せてすべるに、立ち乍らよくすべりて安穩に岸に到れりと云々。圓俊禪師(ゑんしゆんぜんじ)、岸に立ちて行事しけると云々。

[やぶちゃん注:前注の通り、この文は実は改行せず、前の「21」に引き続いて書かれており、また、次の「23」もやはり引き続き書かれてある。
「同十八日」元久二(一二〇五)年十月十八日。この前書きの事実記載は、やはり前の「19」から「21」の夢の前に記された丹波殿関連の事実記事と関連すると思われるが、依然としてその内容は不明である。
「二條殿」不詳。底本注にも、『誰の家か未詳』とあり、但し、この「二条殿」と称する家(若しくは当主)『と明恵との関係は深かったらしく、『夢記』には二条の御房と呼ばれる人も登場する』とある。前の記載との連関性からは受け取った「此の事」というのは、辞退しようとした修法絡みのことであるとしか読めない。すると、実は辞退しようとしていたが、結局、それを不本意にも請けてしまったことを指すのではあるまいか? それがこの夢を解く鍵のように思われてならないのだが……。誤訳の可能性を覚悟でそう訳してみた。
「口の如くなる」底本注に、原本は「□」で、『文字でなく、物の形を表したものか。下文の「呂」も原本には』「呂」の四画目を除去した横長の「□」(上がやや小さい)を上下に並べたようになっているとあり、『これも同様か』とする。「たてて」及び「立て副へ」とあるから所謂、立方体とは思われない。木の幹が丸くなく、極めて四角い木と採った。
「夏の桀王」「酒池肉林」や「裂帛の響き」で知られた妖妃妺嬉(ばっき)に溺れて夏を滅ぼすに至った暴君。
「殷の紂王」同じく愛妾妲己(だっき)に溺れ、殷を滅亡させた暴君帝辛(しん)。
「禪道」不詳。弟子の禅浄房 (禅上房)か。ともかくも弟子と採って訳してみた。
「圓俊禪師」不詳。「禪師」は中国・日本に於いて高徳な僧侶に対する尊称であって、禅僧に限った諡号ではない。]

■やぶちゃん現代語訳

22
 同十八日の朝、二条殿の元に参って、例の修法に関わる依頼を結局請けがってしまった。同十九日に山に帰った。
 一、その夜見た夢。
「海中に二本の四角形をした奇妙な木を立てて、二本並べてある。
 その二本にまた、繩を以って繋いで、さらに二本の同じく四角形をした木を立て副えてある。
 私はちょうど、船に乗ろうとしているのであったが、その船に乗るため、その四角い木が左右に――□□――□□――といった形になっているのを以って、「橋」となして乗船しようとしているように見えた……。
 この――左右の――□□――□□――を踏みしめて、船の方へと伝って登って行って、その一番高くなった――□□――□□――の頂きに至った。
 この、私が至った、その縦に立ててある――□□――の頭の部分には、別な奇妙な木片が打ちつけてあった。
 心中に思うに、
『……この――□□――の右足の足元にある打ちつけられた奇体な木片は二本である……。これは確かに……かの暴君夏の桀(けつ)王の象徴である。……左足の足元の打ちつけられた奇体なそれは一本である。……これは確かに……殷の紂(ちゅう)王のそれである。……』
と何故か確信したのである。
 されば、即座に口に唱えて
「夏の桀王!――殷の王!」
と言上げするや、左の方の一本を抜き取り、右手に握って――強く強く掌中に握り絞めて――そうして私は登ってきた背後の――□□――を下ってすぐに元の岸へと還ろうとした。
 ところがそれは、思いの外、困難なことなのであった。
 そこで弟子の禅道を呼んだ。――どうやって来たのかは判然としないが――確かに私は彼を海の方から来させたのであった。
 しかしその時、私は心中、
『……私は岸に戻ろうとしている。……しかしこの――□□――の橋は高い。……こんなに高くては、あんな低い位置におる禅道には、私の肩に手が届かぬ。私を支えて無事岸へ帰還させることなどは、とても出来そうにはない……』
と思ったのであった。
 そこで私は直ぐに、携えていた杖を以って、ずんと海に突き立てて、杖がしっかりと突き立ったのに力を得て、そのまま岸に向かって、
――えい! ヤッ!
と滑るように飛んだ。
 立ったままながら、まっこと、滑らかに空(くう)を滑り渡って、無事、岸へと至ったのであった。……
 ……見ると……かの円俊禅師が、その岸に立って、私の方へ向かって修法を成しているのであった。……

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 4 初めての一時間の汽車の旅 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(4) »