フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第八章 東京に於る生活 2 モースの江の島讃歌 附 英語で「犬」は「カメ」 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 57 明恵、建礼門院徳子に受戒す »

2013/08/17

耳嚢 巻之七 強勇の者自然と其德有事

 強勇の者自然と其德有事

 

 松平上總介家士に、物頭役(ものがしらやく)勤(つとめ)ける岩田勇馬と言(いへ)る者有(あり)。文化貮年の比(ころ)七拾餘歳なりし。健(すこやか)にて貮三年以前妾(めかけ)に出生(しゆつしやう)有(あり)しを、其悴(せがれ)老年の出生、傍輩の批判も氣の毒にこそ思はんと父の前に出、此度の出生をば我等の子の樣に屆(とどけ)なんと申(まうし)ければ、何故右の通り申(まうす)哉(や)と尋ける故、高年のうへ出生に付と斯(かく)申ければ、老人以の外氣しきを損じ、凡(およそ)士は老年に至りても子共(こども)の出生せる程の勢ひなくて、君の御用には難立(たちがたし)、埒(らち)もなき申(まうし)條也と申けるゆへ、其悴も手持(てもち)なく退きしと也。彼(かの)勇馬親の代には醫師の子にて、輕く被呼出(よびいだされ)親の代三百石迄に成りしが、勇馬代には加增して六百石に成り、今(いま)物頭を勤ける。悴も貮百石取り、別段に勤ける由。其同役に實子なくて、年久しく勤(つとめ)加恩(かおん)もなかりし者ありしが勇馬に向て、御身は加報とやいわん、貮代續(つづけ)て加恩登庸(とうよう)なし給ふ、我數代勤(つとむ)れ共(ども)去(さる)事なしと申ければ、子供さへ拵へ候事ならざる程にて加增抔もらわるべきやと言下に答へけり。座中大笑(おほわらひ)しけると也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:文化二(一八〇五)年のホットな話柄で軽く連関。「卷之七」の執筆推定下限は文化三(一八〇六)年夏。

・「松平上總介」諸注、備前国岡山藩第六代藩主池田斉政(なりまさ 安永二(一七七三)年~天保四(一八三三)年)とする。岡山藩池田家宗家八代。従四位下・上総介・左近衛権少将。岡山藩池田家宗家は播磨姫路藩第二代藩主で、宗家第二代池田利隆(天正一二(一五八四)年~元和二(一六一六)年)の時に松平姓を賜っている。

・「物頭」武頭(ぶがしら)。弓組・鉄砲組などの諸隊の首領。下層の組頭・足軽頭・同心頭を統率する長もこう呼んだ。

・「輕く被呼出(よびいだされ)」下級の小さな禄高で召し抱えられて。

・「登庸」「登用」に同じい。人をそれまでよりも高い地位に引き上げて用いること。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 強者(つわもの)は自然と其の徳を有するという事

 

 松平上総介池田斉政(なりまさ)殿の家士に、物頭役(ものがしらやく)を勤めて御座った岩田勇馬と申さるる御仁がおる。

 昨年の文化二年で、かれこれ、七十余歳であられたが、まっこと、ご健勝にて、その二、三年ほど前には、何と、お妾(めかけ)が子を産んで御座った。

 勇馬殿の倅(せがれ)は、

『……老年の出生(しゅっしょう)なれば、傍輩なんどがいろいろと揶揄致すは必定。……さすればお父上もさぞ、恥ずかしく思わるるに違いない。』

と案じ、父の前に進み出ると、

「……この度(たび)のご出生は……一つ、我等の子としてお届けなさるがよろしゅう御座いましょう。」

と申し出たところが、

「……何ゆえ斯様なことを申すのじゃ?」

質いたによって、

「いえ、ご高年の上の出生につき、外聞やら噂やら……これ何かとお気をお遣いなさるるのでは、と存じまして……」

と、暗に含みを持たせて濁したつもりが、勇馬老人、以ての外に機嫌を損じ、

「――何ッ!――凡そ武士たるものは、老年に至りても、子供の出生致すほどの勢いなくして、御主君の御用には立ち難しッ!! 埒もなき申し条じゃッツ!!!」

と青筋立てて叱咤されたによって、その倅も思わぬ逆鱗に触れて返答のしようもなく、ほうほうの体(てい)にて退出致いたとか。

 かの勇馬殿、親の代は医師の子であったものが、池田家へ下級の、ごく僅かな禄高にて召し抱えられ、親の代にては三百石までなったと申す。その後、勇馬殿の代となってからは、さらに加増されて六百石と相い成り、今は物頭を勤めておらるる。

 先に登場致いた嫡子も既に二百石取りとなっており、相応の地位に就いて精勤致いておらるる由。

 さて、その勇馬殿の同役のうちに、実子がなく、しかも年久しく宗家へ勤めておるにも拘わらず、聊かのご加増もこれない御仁が御座った。ある時、この御仁が勇馬殿に向かって、

「……御身はまさに果報と申すもので御座るのぅ。……二代続けてのご加増……それに加えて覚えも目出度くご登用なされておらるる。……我らなんどは宗家へ数代に亙って勤めておれど……そのようなことは全く以って、これ、御座らぬわぃ。……」

と申したところが、勇馬殿曰く、

「――貴殿は相応に齢(よわい)を重ねながら、未だ子供をさえも拵えることの出来ず御座る。――さようの体たらくにては、これ、ご加増なんどを賜うべきはずは――これ、御座らぬ!」

と即答して御座った。

 満座の者どもは皆、大笑い致いたとのことで御座る。

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第八章 東京に於る生活 2 モースの江の島讃歌 附 英語で「犬」は「カメ」 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 57 明恵、建礼門院徳子に受戒す »