フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« せみなくみみみなりのみのひだりみみ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳)  緒言 »

2013/08/26

耳嚢 巻之七 諸物制藥有事 その三

   又(諸物制藥有事)

 梅幷(ならびに)梅干を種(たね)共(とも)に切(きり)て手際を見するは廚僕(ちゆうぼく)の名技とて、もろこしがらを庖丁にて切、右もろこしがらの氣を庖丁に請取切(うけとりきる)に、梅干の種(たね)肉とも奇麗に切れる事妙也。

□やぶちゃん注
○前項連関:「諸物制藥有事」その三。対象を砕く妙法から切るそれでも連関。
・「もろこしがら」高粱(コーリャン)こと、単子葉植物綱イネ目イネ科モロコシ(蜀黍・唐黍)Sorghum bicolor の実。アフリカ原産の一年草。高さ約二メートル。茎は円柱形で節があり、葉は長大で互生する。夏に茎の頂きに大きな穂を出し、赤褐色の小さな実が多数出来る。古くから作物として栽培され、実を食用として酒・菓子などの原料や飼料にも用いる。「とうきび」ともいう。

■やぶちゃん現代語訳

 諸物には相応に対象の属性を制する薬効があるという事 その三

 梅並びに梅干を種と一緒に綺麗に切るという鮮やかな手際を見せることは、これ、料理人の名技として御座るが、まず唐黍(もろこし)の実をその庖丁にて切り刻み、その唐黍の実が持って御座るところの気を庖丁に移し取ってから、やおら、梅の実や梅干を切ると、これ、種・梅肉ともに、美事――スッパ!――と奇麗に切れること、これ、まっこと、不思議なことにて御座る。

« せみなくみみみなりのみのひだりみみ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳)  緒言 »