フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 遺傳 萩原朔太郎 (初出形) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第八章 東京に於る生活 2 モースの江の島讃歌 附 英語で「犬」は「カメ」 »

2013/08/17

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 19 産物

 

    ●産物

 

海鮮の産多きが中に鰹魚。※1※2(いるか)、烏賊魚、鰒、榮螺子、海老、水草には海苔、海雲(もづく)、鹿尾菜(ひじき)等(とう)あり、就中鮑の粕漬、もくずは都人士に愛(め)でられ、又櫻貝(さくらがひ)と號する花貝を産す、其色花辨に似て甚だ美なり。兒童の玩具を製造す。

 

[やぶちゃん注:「※1」=「魚」+「孚」。「※2」=「魚」+「布」。「もくず」はママ。「もづく」の誤植と考えてよい。

 

「櫻貝」狭義には内湾性の、

 

斧足綱翼形亜綱マルスダレガイ目ニッコウガイ上科ニッコウガイ科サクラガイ Fabulina nitidula

 

を指すが、これによく似た同属の、

 

カバザクラ Fabulina iridella(外洋に開いた湾に棲息する傾向があり、サクラガイにはない殼頂から後腹部にかけての二条の白色放射彩を持つことを特徴とする)

 

及び、同属の、

 

ウズザクラ Fabulina minuta

 

ハツザクラ Fabulina pallidula

 

近縁種である、

 

モモノハナ(エドザクラ)Moerella jedoensis

 

ユウシオガイ Moerella juvenilis

 

オオモモノハナガイ Macoma praetexta

 

シボリザクラ Loxoglypta clathrata

 

ヒラザクラ Tellinides ovalis

 

などをも含み、更には殻が独特の長卵形を成す、

 

トンガリベニガイ Tellina rostrata

 

及び同属で取り分け美しい紅色・淡紅色を示す(稀に白色個体もある)、

 

ベニガイ Pharaonella perieri

 

なども「桜貝」と一般通称する仲間に入る(主に保育社昭和三四(一九五九)年刊の吉良哲明「原色日本貝類図鑑」に拠ったが、学名は最新の情報で逐次確認した)。幾つかの画像と解説を Naofumi Yasunobu 氏のサイト「海山歩記」のこちらのページで見られる。

 

……遠い昔……この江の島の「貝広」で……買いましたね……ベニガイ……覚えていますか?…………]

 

 

« 遺傳 萩原朔太郎 (初出形) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第八章 東京に於る生活 2 モースの江の島讃歌 附 英語で「犬」は「カメ」 »