フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 道化服を着た骸骨 大手拓次 | トップページ | うら枯やからきめ見つる漆の樹 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/09/14

Mes Virtuoses (My Virtuosi) シゲッティを聞く 三首 中島敦

     シゲッティを聞く

我が好む曲にあらねどこの人のクロイツァ・ソナタ心に沁むよ

この國の花柳作家にあらねどもまごころをもてシゲッティは彈くか

髮うすき額の汗をぬぐひゝ禮するシゲッティの顏の眞面目さ

[やぶちゃん注:太字「まごころ」は底本では傍点「ヽ」。

「シゲティ」ハンガリー出身のヴァイオリニストであるヨゼフ・シゲティ(Joseph Szigeti 一八九二年~一九七三年)。二十世紀を代表するヴァイオリン奏者の一人。参照したウィキの「ヨゼフ・シゲティ」によれば、『歴史的演奏家の中ではハイフェッツらとともに来日歴が多く、日本では親日派の巨匠として知られる』とあり、調べてみると、初来日は昭和六(一九三一)年(中島敦満二十二歳で未だ帝大二年生)、二度目が翌七年で(三度目は戦後)、敦はこの孰れかの公演を実見しており、その記憶に基づく短歌である。

「クロイツァ・ソナタ」ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調作品47。フランスのヴァイオリニストであったロドルフ・クレゼール(Rodolphe Kreutzer ドイツ語読みではロドルフ・クロイツェル)に捧げられたため、『クロイツェル・ソナタ』(Kreutzer Sonata)と呼ばれる。

「この國の花柳作家」と言えば近代なら永井荷風や泉鏡花であろうが、これは特定の花柳小説の作者を指すのではなく、その正統的源流である井原西鶴・近松門左衛門に代表される江戸の浮世草子や浄瑠璃作家から近代の花柳小説作家の、身を売る女の物語或いは身を売った女と男の交情を描くことを節とした花柳情話の作家たちの思い、真心を以って悲劇の男女の情を捉えようとする気構えを指しているように私には思える。大方の御批判を俟つ。]

« 道化服を着た骸骨 大手拓次 | トップページ | うら枯やからきめ見つる漆の樹 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »