フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 僕の中学校――「伏木中学校の歌」―― | トップページ | 夕暮の會話 大手拓次 »

2013/09/13

鬼城句集 秋之部 天文 名月/無月

  天文

 

名月    今日の月馬も夜道を好みけり

      十五夜やすゝきかざして童達

      小百姓の屛風持ちけり今日の月

      十五夜や障子にうつる團子突

[やぶちゃん注:「團子突」団子突きは団子刺しともいい、これ自体が十五夜、秋の季語となるもので、十五夜に供えられた月見団子を村落の子供たちが盗んで回る風習を指す。全国的に見られるもので、参照した「お話歳時記」の「九月ー重陽の節句とお月見」によれば、『盗んで食べた子どもは長者になるとか、七軒盗んで食べたら縁が早いとか、子のない人が食べると子ができる、などと言われ』、『盗まれた家でも「十五夜団子は盗まれるほどいい」と言ってかえって歓迎し』た。『このことは、供えたものがなくなったのは神がそれを食べたことを意味し、願い事がかなったのだとする一方、神に供えたものをたくさんの人で分け合って食べれば、神様も喜んでくれると解釈したからで』ある、とある(これは一種の神人共食や童子神(童形神性)であろう)。『また、十五夜の夜だけは他人の畑の果物や作物などを盗んでもかまわないという風習』も各地にあって、『秋田県仙北郡に伝わる「片足御免」他人の畑でも片足だけ入れて取るのは許される)、「襷(タスキ)一ばい」(襷で結わえられるだけは許される)』とった例が挙げられている。最後に『しかし、学校教育が普及するにつれて盗むという行為はよくないとされ、現在ではほとんど行われなくなりました』という記載が運命共同体としてのムラの崩壊や近代化が簒奪してゆく民俗社会を語って何やらん、淋しい思いがする。]

      十五夜の月にみのるや晩林檎

[やぶちゃん注:「晩林檎」「おそりんご」と読むか。]

      十五夜の月に打ちけり鱸網

[やぶちゃん注:「鱸網」は「すずきあみ」。河川の景と私は見る。条鰭綱棘鰭上目スズキ目スズキ亜目スズキ科スズキ Lateolabrax japonicas 及びその近縁種は河川のかなり塩分の低い水域にも進入する(私は柏尾川を戸塚駅付近まで遡上している有意に大きな個体群を見たことがある)。これ自体が秋の季語。]

無月    娼家の灯うつりて海の無月かな

      藻を刈つて淋しき沼の無月かな

      瘦馬の無月に早き足搔かな

      牛追ふや無月を好む牛の性

      川上は無月の水の高さかな

      五六疋牛牽きつるゝ無月かな

      臆病な馬を渡船して無月かな

[やぶちゃん注:「渡船して」はこれで「わたして」と訓じているか。]

« 僕の中学校――「伏木中学校の歌」―― | トップページ | 夕暮の會話 大手拓次 »