フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 随分御機嫌よう | トップページ | 蛇行する蝶 大手拓次 »

2013/09/01

鬼城句集 秋之部 今朝の秋

今朝の秋  今朝秋や見入る鏡に親の顏

      親よりも白き羊や今朝の秋

      淺間山煙出て見よ今朝の秋


      今朝秋や高々出たる鱗雲


[やぶちゃん注:「鱗雲」巻積雲。白色で陰影のない非常に小さな雲片が多数の群れを成し、集まって魚の鱗や水面の波のような形状をした上層雲。絹積雲とも書き、鱗雲の他、鰯雲・鯖雲などとも呼称される。高度五~十五キロメートル程の高層に浮かぶ氷の結晶から成る。見た目は美しいが、これより先に巻雲(絹雲。「きぬぐも」とも読む。刷毛で白いペンキを伸ばしたように又は櫛で髪の毛を梳いたように或いは繊維状の細い雲が集まった形態の雲。細い雲片一つ一つがぼやけず明瞭な輪郭を持っていて絹様の光沢があって陰影がないのを特徴とする)が出現し、次いでこの雲が現れる場合は、温暖前線や熱帯低気圧の接近が考えられ天気の悪化が近づいていると言える。参照したウィキの「には、『俗称であるうろこ雲・いわし雲・さば雲はどれも秋の季語である。低緯度から高緯度まで広い地域でほぼ年中見られるが、日本では、秋は台風や移動性低気圧が多く近づくため特に多く見られ、秋の象徴的な雲だとされている』とある。]

« 随分御機嫌よう | トップページ | 蛇行する蝶 大手拓次 »