フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 十月二日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第四章 再び東京へ 2 日光街道点描2 お歯黒のこと »

2013/10/29

耳嚢 巻之七 蚊遣香奇法の事

 蚊遣香奇法の事

 

  檜挽粉(ひのきひきこ) 三升  樟腦(しやうなう) 壹匁

  雄黄  壹匁  黄綠 壹匁

 是は外(ほか)挽粉を用ゆるも有(あり)、或は蓬□を用(もちふ)。右合藥(あはせぐすり)して袋に入用(いれもちふ)るに、蚊を去(さる)事妙也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:三つ前の「齒の痛口中のくづれたる奇法の事」に続く民間薬方シリーズ。注意したいのは、これは燃やすのではなく、袋に詰めて持ち歩く(若しくは置く)タイプの蚊遣りである点である。揮発成分に効果がある訳で、ナウいじゃん!

・「檜挽粉」檜を製材した際に出る細かな粉のこと。

・「三升」五・四リットル。

・「壹匁」。一匁は一貫の千分の一で、約三・七五グラム。

・「雄黄」天然産砒素の硫化物。化学成分As2S3の鉱物で樹脂状の光沢がある黄色の半透明の結晶。染料・火薬などに用いる。有毒。但し、「世界大百科事典」によれば、化学でいう雄黄(orpiment)という和名は、本来は同物質を一緒に産することが多い鶏冠石の別称であって、化学物質としての“orpiment”に対しては「雌黄(しおう)」又は「石黄(せきおう)」の名称を使用するのが望ましいとされている、とあり、蠟燭で加熱すると容易に溶解し、『強いニンニク臭を発する』ともある。

・「黄綠」これは岩波のカリフォルニア大学バークレー校版によって「薰綠(くんろく)」の誤りであることが判明する。薫緑とは薫陸(くんろく)で、一般にはインド・イランなどに産する樹脂(やに)が固まって石のように固くなったものを指し、香料・薬剤とする。薫陸石。但し、本書の場合は江戸時代であるから、たかが蚊取り線香にこれを調剤するというのは考えにくいから、これは本邦産の松や杉の樹脂が地中に埋もれて化石様に化したものを指していよう。琥珀に似ており、前者同様に香料とする。岩手県久慈市から産出し、「和の薫陸」と呼称された。

・「蓬□」底本では右に『(苅)カ』とするが、蓬苅という名詞はない。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版ではここ(以下に示す部分のみ)は割注になっていて、

 是(これ)は外(ほか)挽粉を用るもあり、或は蓬(よもぎ)を用

とのみある。□は衍字かとも思われる。

・「合藥」一応、岩波版の長谷川氏のルビに従ったが、「かふやく(こうやく)/がふやく(ごうやく)」でもよいようには思われる。

« 中島敦 南洋日記 十月二日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第四章 再び東京へ 2 日光街道点描2 お歯黒のこと »