フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 陰暦9月15日 十五夜 | トップページ | 言葉の香氣 大手拓次 »

2013/10/19

鬼城句集 秋之部 菊

菊     白菊をこゝと定めて移しけり

 

       憶左千夫

      野菊咲いて新愁をひく何の意ぞ

 

[やぶちゃん注:「左千夫」は無論、「野菊の墓」の伊藤左千夫(元治元(一八六四)年~大正二(一九一三)年)である。鬼城鬼城(慶応元(一八六五)年~昭和一三(一九三八)年)は俳友で歌人でもあった高崎中学校国語教師村上成之(しげゆき 慶応三(一八六七)年~大正一三(一九二四)年:号は蛃魚(へいぎょ)。)は伊藤左千夫の弟子であった。因みに左千夫の弟子である土屋文明は村上の教え子であり、そもそも文明に左千夫を紹介したのも村上であったから、鬼城と左千夫に親交があったことが窺われる。

「新愁」近年亡くなった知人に対する傷心の思い。「鬼城句集」の出版は左千夫の死後の大正六(一九一七)年である。]

 

      白菊に紅さしそむる日數かな

 

      一間一間白菊いけて草の宿

 

[やぶちゃん注:「一間一間」の後半は底本では踊り字「〱」。]

      老が身の皺手に手折る黄菊かな

 

      幕張つて菊千輪の玄關かな

 

      夜の菊手槍の如くうつりけり

 

       傘の繪に題す

      月蝕をおそれて菊に傘しけり

 

[やぶちゃん注:月食は民俗社会では月の病いと考えられていた。その妖しい光を受けるとそれが菊花を枯らすという感染呪術的認識があったものか? 識者の御教授を乞うものである。]

 

      菊の氣の騰りて庭の靜かな

 

[やぶちゃん注:「騰りて」は「あがりて」。「靜かな」は「しづけかな」とでも訓じているか。]

      市中や穢多まぎれ住む菊の花

 

[やぶちゃん注:大正半ばにあっても、また聴覚障碍を持っていた鬼城にして、かくなる差別意識が厳然として存在していたことを認識する批判的視点を忘れずに詠まれたい。]

« 陰暦9月15日 十五夜 | トップページ | 言葉の香氣 大手拓次 »