フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日「モースの富士描画実験」のフレーズで検索された方へ | トップページ | 綠色の馬に乘つて 大手拓次 »

2013/10/29

鬼城句集 秋之部 零餘子

零餘子   草庵に二人法師やむかご飯

 

      零餘子こぼれて鷄肥えぬ草の宿

 

      まらうどにさめてわりなきむかご飯

 

[やぶちゃん注:「零餘子」は「むかご」と読む。植物の栄養繁殖器官の一つで、主として地上部に生じるものをいい、葉腋や花序に形成される小さな根茎に似た塊。離脱後は新たな植物体を形成出来る。単子葉植物綱ユリ目ヤマノイモ科 Dioscoreaceae では茎が肥大化した肉芽が小さな芋状になって形成され、栽培にも利用されている(他にユリ目ユリ科ユリ属オニユリ Lilium lancifolium などでは葉が肉質化して小さな球根のような形になった鱗芽として形成される)。ここでの「零餘子」は食材としての「むかご」に限定された謂いで、その場合は通常、ヤマノイモ Dioscorea japonica・ナガイモ Dioscorea batatas などヤマイモ類のそれを指す。灰色で球形から楕円形を成し、表面に少数の突起があって、葉腋につく。塩茹で・煎りの他、炊き込みご飯などにする(以上はウィキの「むかご」及びそのリンク先を参考にした)。]

« 今日「モースの富士描画実験」のフレーズで検索された方へ | トップページ | 綠色の馬に乘つて 大手拓次 »