フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(11) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 鵙 »

2013/10/15

明恵上人夢記 26

26
 興隆の願以後の夢想等。
 元久二年十二月十四日の夜、一條の講堂に於いて大願成就之由を祈請す。夢に云はく、一處有り、險危極り無し。將に其の上に登らむとす。手を立つるが如き盤石也。成辨、下より此の上に登る。鏡智房(きやうちばう)・禪□房兩人有りて、下より成辨を扶(たす)け擧げて、其の上に押し登る。其の盤石の上に板を布(し)き次(つ)ぎたり。板面に帝釋・梵王幷に諸神祇の名を書けり。其の上を匐行(ふくぎやう)す。鏡智房等云はく、「父母の一子を愛するが如くにすべし」と唱へて、之を押して上に到著するに、紀洲也と思ふ。筑前殿、尋常に例ならずして、其の形、美妙也。齡十四五許り、上に在りて、懌(よろこび)の面にして成辨に對ひ、宴坐すと云々。
[やぶちゃん注:「興隆の願」冒頭に記された「一條の講堂に於」ける「大願成就之由」の「祈請」を指しているものとは思われる。ここまでに記された丹波殿からの依頼に基づく何らかの祈願であったか。
「元久二年」西暦一二〇五年。明恵、満三十二歳。
「鏡智房・禪□房」不詳乍ら、夢の中の呼び掛けの内容から見ると弟子とは思われない。
「筑前殿」不詳(一応、男性ととっておくが女性かも知れない)。紀州にいる人物のようだ。ただ実在するその筑前殿は事実は「十四五」歳ではなく、もっと年をとった人物なのではあるまいか? だからこそ、わざわざ「尋常に例ならずして、其の形、美妙也。齡十四五許り」と記しているのだと私は思う。則ち、この夢では筑前殿は童形(どうぎょう)、則ち、神の使いたる童子(童女? この場合は中性的「童子」であればよいのだと私は思う)として形象されているのではあるまいか?]

■やぶちゃん現代語訳

26
 興隆の祈願以後の夢想等について記す。
 元久二年十二月十四日の夜、一條の講堂に於いて大願成就の主旨を以って祈請を行った。その夜の夢。
「ある場所に私はいる。
 そこは危険極まりない断崖絶壁の下である。
 まさにその上に私は登ろうとしているのであった。
 それは腕を立てたように垂直に切り立った盤石(ばんじゃく)なのであった。
 私は、その真下からこの上に攀じ登ろうというのである。
 同行の鏡智房と禪□房の両人が私の両側に立って、下から私の体を助け支えて押し上げ、私は遂にその針のような垂直の独立峰の上に押されて登ることが出来たのであった。
 見ると、その盤石の上には板が敷かれてあって、それが空中に次々に接(つ)がれて延びているのであった。
 その板の面(おもて)には帝釈天や梵天並びに諸神祇の名が書かれてあった。
 その板の上をさらに匍匐して進んでゆくのであった。
 九天直下、落ちれば命はない――
――と
 鏡智房らが遙か下から叫んで言った。
「――父母が一人の子を愛するが如くにするがよい!」
と何度も何度も唱えるように叫んでいるのである。
――さればこそ
と、この狭く薄い中空に突き出た板の架け橋の上を怖ろしさを堪えつつ、どんどんとさらに上へ上へと這い登っていった。
――すると
――どこかに到着した。
 その瞬間、私は、
「……ここは――懐かしい紀州だ!……」
と思ったのである。
 そうして確かにそこには懐かしい筑前殿が、いた……
……ところが……不思議なことに、筑前殿のお姿、見目形は、えも言われぬ妙なる美しさなのであった。……
……年の頃も、まだ十四、五歳ばかり……堂上に在って、満面の笑みを浮かべて私に向かい、宴げの座にましましておれれるのであった。……」

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(11) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 鵙 »