フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(10) | トップページ | 耳嚢 巻之七 其角惠比須の事 »

2013/10/02

明恵上人夢記 25

25
一、夏之氣下りて淸涼なり。江中をすゝむと云々。
[やぶちゃん注:箇条書きの「一」を打っていること、文末に「云々」とあることから、これ自体は断片ではない夢記述である。但し、原本を見ていないから、この後に二つ目の夢記述があったものが、紙がカットされて以下の部分が継がれた可能性はある。また最初の一文は事実記載ととれないこともないが、それでは書き残すに足る夢とは思われないので、夢記述に採った。
「江中」この短いものを明恵が記し、また残そうとしたのは何故かを考えてみると、この映像の中に忘れ難い感動があったからに他ならないと考えた。だとすれば、そのヒントとなりそうなのは、この「江中」である。これは無論、一般名詞として川の中という意味と思われるのだが、それが渡唐を二度に亙って企図しながら遂に断念した彼のことを考えるなら、この「江」は大陸のものであってこそ印象的である。無理を感じながらも、私はこれを長江の「江」と採り、しかも下流へではなく、仏教の淵源天竺を目指す明恵の姿として訳した。大方の御批判を俟つ。]

■やぶちゃん現代語訳

25
一、ある夢。「……それまでの暑かった夏の上ずったような気配がぐっと下がって、如何にも淸清涼な感じになったものだ。そうした中、私は舟に乗って長江の滔々たる流れの中を川上へ! 天竺へ! ひたすらに進むのであった。……」

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(10) | トップページ | 耳嚢 巻之七 其角惠比須の事 »