フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 九月二十九日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 10 珍しい陸棲巻貝の発見/石仏群/石の願掛け/漂石/小屋の悪戯ら書き »

2013/10/26

耳嚢 巻之七 加茂長明賴朝の廟歌の事

 加茂長明賴朝の廟歌の事

 

 鎌倉賴朝の廟にて、加茂の長明詠(よめ)ると人の言(いふ)。

  草も木も靡きし秋の霜きへてむなしき苔を拂ふ山風

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。突如、故事の和歌譚の引用で、やや奇異な印象を受ける。後に三つ後に狂歌譚に始まる三話の和歌譚があるが、意地悪く解釈すると、巻末に至って百話にするためのやや見え透いた仕儀かとも疑われる。

・「加茂長明」鴨長明は京都の賀茂御祖神社の神事を統率する禰宜鴨長継の次男として生まれたが、望んでいた河合社(ただすのやしろ)の禰宜への就任が叶わず、神職としての出世の道を閉ざされたために出家して蓮胤と名乗った。一般には俗名を音読みした鴨長明(かものちょうめい)として知られるが、本来の本名は「かものながあきら」と読む(以上はウィキ長明」に拠る)。加茂・賀茂・鴨の表記は平安期から混在して使用されており、また神社の名を「賀茂」とすることから忌んで「加茂」「鴨」と表記したとも考えられよう。

・「鎌倉賴朝の廟」底本で鈴木氏はここに注して、

   《引用開始》

 頼朝の墓は、鎌倉幕府当時の館址を見下ろす山腹の一劃に、タブの老樹の下に建っている五輪塔、細工も荒削りである。堂社はない。なお「草も木も」の歌は鴨長明集には見えない。

   《引用終了》

とされているが、この注は幾つかの問題点があるとわたしは思う。鈴木棠三氏は鎌倉史の碩学でもあったにも拘わらず、如何されたか、この記載、徹頭徹尾、不完全にして不正確、しかも不親切な注と言わざるを得ないからである。

 まず、この「廟」は正に堂社の謂いであって「墓」ではない。鈴木氏の言う「頼朝の墓」は現在、鎌倉市西御門の大倉山山裾にある供養塔としての多層塔を指しているが、これは後世、安永八(一七七九)年に頼朝子孫を称する(島津氏の祖で鎌倉幕府御家人であった島津忠久を頼朝の落胤とする説に拠るがこれは所謂、偽源氏説であって信ずるに足らない)薩摩藩第八代藩主島津重豪(しげひで)が建てたもので(室町後期には廃寺となっていたと推定される勝長寿院にあったものを移したともいうがこれも信じられない)、供物台には島津家の丸に十字の家紋が残り、墓の脇には重豪による石碑もある(島津の偏執的な源氏嫡統執着が見てとれる)。しかし乍ら、本当の頼朝の「廟」=墓はこの現在の「頼朝の墓」の下方の公園のある場所にかつて存在した法華堂であり、これは文治五(一一八九)年に頼朝自身によって建立されたものであった。こうした事蹟を鈴木氏が述べていないこと、しかも妙にリアルに現在の「鎌倉幕府当時の館址を見下ろす山腹の一劃に、タブの老樹の下に建っている」という郷土史家的叙述(この叙述自体は正しい)、「五輪塔、細工も荒削りである」という妙に緻密な観察の割には、如何にも不十分にして不完全な注と言わざるを得ない。

 次に本和歌の出典に疑義して「鴨長明集には見えない」として恰も偽歌の如く一蹴する(かに見える)末尾にも問題がある。この『長明の和歌』の出典は言わずもがな(と鈴木氏も思ったものとは思われるが)、「吾妻鏡」である。注としてはそれを示さないのは鎌倉史に不案内な後学の徒には頗る不親切と言わざるを得ない。以下に当該箇所「吾妻鏡」巻十九の建暦元(一二一一)年十月十三日の条を示す。

   *

○原文

十三日辛夘。鴨社氏人菊大夫長明入道。〔法名蓮胤。〕依雅經朝臣之擧。此間下向。奉謁將軍家。及度々云々。而今日當于幕下將軍御忌日。參彼法花堂。念誦讀經之間。懷舊之涙頻相催。註一首和歌於堂柱。

  草モ木モ靡シ秋ノ霜消テ空キ苔ヲ拂ウ山風

   *

○やぶちゃんの書き下し文(和歌は原文に拠らず正確に読み易く示した)

十三日辛夘。鴨社の氏人(うぢびと)、菊大夫長明(ながあきら)入道〔法名、蓮胤。〕、雅經朝臣の擧(きよ)に依つて、此の間、下向す。將軍家に謁し奉ること、度々(どど)に及ぶと云々。

而るに今日、幕下將軍御忌日(ごきにち)に當り、彼(か)の法花堂に參り、念誦讀經の間、懷舊の涙、頻りに相ひ催し、一首の和歌を堂の柱に註(しる)す。

  草も木も靡(なび)きし秋の霜消えて空しき苔を拂ふ山風

   *

文中の「雅經」は公家で歌人の飛鳥井雅経(嘉応二(一一七〇)年~承久三(一二二一)年)。義経の強力な支援者として知られ、流罪にも遇っている刑部卿難波頼経(ぎょうぶきょうなんばよりつね)の次男で飛鳥井家の祖。雅経も連座して鎌倉に護送されたが、頼朝から和歌・蹴鞠の才能を高く評価されて頼朝の猶子となった。建久八(一一九七)年に罪を許されて帰京する際には頼朝から様々な贈物を与えられている。その後、頼家・実朝とも深く親交を結び、政所別当大江広元の娘を妻とし、後鳥羽上皇からも近臣として重んじられた。幕府の招きによって鎌倉へ度々下向、実朝と藤原定家やここに示されるように鴨長明との仲を取り持ってもいる。「新古今和歌集」(元久二(一二〇五)年奏進)の撰者の一人として二十二首採歌、以下の勅撰和歌集に計一三二首が入集している人物である(以上の雅経の事蹟はウィキの「飛鳥井雅経」に拠った)。

 この一首は確かに長明の歌集には所収しないものの、永く彼のこのエピソードに於ける即興歌として鎌倉時代にすでに人口に膾炙されており、偽歌とするには当たらない(と私は思う)。

 本「卷之七」の執筆推定下限である文化三(一八〇六)年から遡ること百二十一年前の貞亨二(一六八五)年に公刊された水戸光圀の鎌倉地誌の濫觴である「新編鎌倉志」の巻之二の「法華堂」の項も引いておく(私の同注釈テキストから、ルビの一部を省略して示した)。

   *

○法華堂〔附賴朝並義時墓〕 法華堂は、西御門の東の岡なり。相傳ふ、賴朝の持佛堂の名也。【東鑑】に、文治四年四月廿三日、御持佛堂に於て、法華經講讀始行せらるとあり。此の所歟。同年七月十八日、賴朝、專光坊に仰て曰く、奧州征伐の爲に濳(ヒソカ)に立願あり。汝(ナンヂ)留守に候(コウ)じ、此の亭の後(ウシロ)の山に梵宇を草創すべし。年來の本尊の正觀音像を安置し奉(タテマツラ)ん爲なり。同年八月八日、御亭の後(ウシロ)の山に攀(ヨヂ)登り、梵宇營作を始む。先(マヅ)白地(アカラサマ)に假柱(カリハシラ)四本を立(タテ)、觀音堂の號を授くとあり。今雪の下の相承院領(リヤウ)するなり。賴朝の守(マモリ)本尊正觀音の銀像も、相承院にあり。今此には彌陀、幷如意輪觀音・地藏の像あり。地藏は、本(モト)報恩寺の本尊〔事在報恩寺條下(事、報恩寺の條下に在り。)〕なりしを、何れの時か此に移す。如意輪は、良辨僧正の父太郎大夫時忠と云し人、由比の長(チヤウ)にて在(アリ)し時に、息女の遺骨(ユイコツ)を、此の如意輪の腹中に納むと云ひ傳ふ。又石山寺より佛舍利五粒を納むる由の書き付も入てあり。今は分身して三合ばかりも有と云ふ。又異相(イサウ)なる僧の木像あり。何人の像と云事を知人(シルヒト)なかりしに、建長寺正統菴の住持顯應、此像を修復して自休が像也と定めたり。兒淵に云傳へたる自休は是(コレ)歟(カ)。【佐竹系圖】に、明德二年六月朔日、源の基氏故右大將家の法華堂に、常陸の國那珂郡(ナカゴヲリ)の莊の内太田郷(オヽタガウ)を寺領に付(ツケ)らるゝとあり。【東鑑】に、建暦元年十月十三月、鴨長明入道蓮胤(レンイン)、法華堂に參り、念誦讀經の間(アイダ)、懷舊の涙頻りに催す。一首の和歌を堂の柱に題して云く、「草(クサ)も木(キ)もなびきし秋の霜消(キ)ヘて、空(ムナシ)き苔(コケ)を拂(ハラ)ふ山風」今按ずるに、昔は法華堂と云者、是のみに非ず。【東鑑】に、右大將家・右大臣家・二位家・前の右京兆等の法華堂とあり。【佐竹系圖】にも、佐竹(サタケ)上總の入道、比企谷(ヒキガヤツ)の法華堂にて自害すとあり。然れば、此の法華堂には不限(限らざる)なり。其の比法華を信ずる人多き故、持佛堂を皆法華堂と名る歟。此法華堂を、右大將家の法華堂と云なり。

   *

 最後に、やはり私の電子注釈テクスト「北條九代記」巻第四の「賀茂長明詠歌」を引用して終わりとする(これの私の仕組みをした諸注もリンク先でお読み戴けると幸いである)。「北條九代記」は「耳嚢 巻之七」の執筆時から更に遡ること、百三十一年前の延宝三(一六七五)年に初版が刊行されている。著者は不詳とされるが、江戸前期の真宗僧で仮名草子作家として著名な浅井了意(慶長一七(一六一二)年~元禄四(一六九一)年)が有力な候補として挙げられている。

   *

      ○賀茂長明詠歌

加茂の社氏(やしろうぢの)菊大夫長明(ながあきら)入道蓮胤(れんいん)は、雅經(まさつねの)朝臣の舉(きよ)し申すに付けて、關東に下向し、將軍家に對面を遂げ奉り、鎌倉に居住し、折々は御前に召されて歌の道を問ひ給ふ御徒然(おんつれづれ)の友なりと、思(おぼし)召されければ、新恩に浴して、心を延べ、打慰む事多しとかや。正月十三日は故右大將家の御忌月(きげつ)なれば、法華堂に參詣す。往當(そのかみ)の御事共思ひ續くるに、武威の輝く事、一天に普(あまね)く、軍德の勢(いきほひ)、四海を治(をさめ)て、累祖源家の洪運(こううん)、此所(ここ)に開け、靡(なび)かぬ草木もあらざりしに、無常の殺鬼(さつき)を防ぐべき謀(はかりごと)なく、五十三歳の光陰忽(たちまち)に終盡(をはりつき)て、靑草(せいさう)一箇(こ)の土饅頭(どまんぢう)、黑字數尺(くろじすせき)の卒都婆(そとば)のみ、その名の記(しるし)に殘り給ふ御事よと、懐舊の涙、頻(しきり)に催し、一首の和歌を御堂の柱に書付けたり。

  草も木も磨きし秋の霜消えて空しき苔を拂ふ山風

將軍家御參詣の時、是を御覽じて、御感、淺からずとぞ聞えし。

   *

・「草も木も靡きし秋の霜きへてむなしき苔を拂ふ山風」――草も木もなびくほどに日本国中の民が服した佐殿(頼朝公)のその秋の霜のような厳しい権勢も――今はその秋の霜のように瞬く間に融け消えて――残った空しき苔蒸した墓辺を風だけが吹き抜けていく――

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 加茂長明(かものちょうめい)の賴朝の廟に於ける歌の事

 

 鎌倉の頼朝公の廟所に於いて、加茂長明(かものちょうめい)が詠んだと人の言う和歌。

 

  草も木も靡きし秋の霜きへてむなしき苔を拂ふ山風

« 中島敦 南洋日記 九月二十九日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 10 珍しい陸棲巻貝の発見/石仏群/石の願掛け/漂石/小屋の悪戯ら書き »