フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 僕と妻の那須路弥次喜多道中記 | トップページ | 琅玕の片足 大手拓次 »

2013/10/11

鬼城句集 秋之部 落鮎/鱸

落鮎    川澄んで後さがりに鮎落つる

 

      落鮎に水摩(す)つて行く投網かな

 

鱸     打網の龍頭に跳る鱸かな

 

[やぶちゃん注:ここにも描かれるように九月終わり頃、遡上していた川を下り始める鱸を川や河口・湾奥で獲ることから鱸は秋の季語とする。鱸は一部が純淡水域へ積極的に遡上する海水魚として知られ、琵琶湖にまで遡上した個体例や利根川で河口から百キロメートル上流まで遡上する例が確認されている(この例はウィキスズキ」に拠る)。なお、スズキは分類学上、動物界脊索動物門脊椎動物亜門条鰭綱棘鰭上目スズキ目スズキ亜目スズキ科スズキ属スズキ Lateolabrax japonicas であるが、食用の海水魚の殆んどがこのスズキ目 Perciformes に属することはあまり知られているとは思われない。スズキ目は二十亜目百六十科の下におよそ千五百三十九属一万三十三種が含まれ、魚類のみならず、脊椎動物全体の中で最大の目でもある(この数字はウィキスズキ目」に拠る)。「龍頭」は投網に於いて網全体を一点に絞っている投げ繩の頂点の部分の名称。ここに打った投網を手繰り戻すための手繩が結ばれている。中本賢氏のサイト「多摩川クラブ」の「投網の打ち方」にある美事な図を参照させて戴いた。]



季節に合わせるために明日より季題一項に変更する。

« 僕と妻の那須路弥次喜多道中記 | トップページ | 琅玕の片足 大手拓次 »