フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 10 帝都東京――看板あれこれ | トップページ | 中島敦 南洋日記 十一月三日 »

2013/12/03

耳嚢 巻之八 口中痛呪法の事

 口中痛呪法の事

 

 口中痛(いたみ)候ば、何によらず漱(うがひ)候節右うがひの水を左の手にうけ握りて、肥後の國三の君と三篇唱へ、又念佛にても題目にても三五篇唱ふれば、即時に快驗ありと、或る角力取(すまふとり)の、町の與力新五郎へ咄しけるを、埒(らち)なき事と思ひながら、新五郎齒痛み苦しみし時、かく唱へぬれば、忘るゝ如くなりしと、長僕どもへ申(まうし)ける由ゆゑしるし置(おく)。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:巷間通説で軽く連関。民間療法シリーズ乍ら、極めて非現実的に見え乍ら、「何によらず漱候節」と、結果として嗽を励行して口中洗浄を繰り返させる点で逆にプラグマティックと言える気がする。

・「肥後の國三の君」いろいろ想定して見たが不詳。識者の御教授を乞う。発音上の顎関節や舌の動きに特異性はないように思われる。

・「三篇」底本は右に『(遍)』と訂正注を附す。「三五篇」も同様。

・「長僕」永年勤めた下僕にしては複数形でおかしい。岩波版長谷川氏注も『不詳』とする。訳せないので根岸家の下男どもということにして訳した。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 口の中が痛む際の呪法の事

 

 口の中が腫れたり爛れたり、また歯が痛む場合には、何によらず、漱いを致す折りに、その嗽いの水を左の掌に受けて軽く握り、

「肥後の国三の君……肥後の国三の君……肥後の国三の君」

と三遍唱え、その後に念仏なんど――題目でもよい――を三、五遍唱えたならば、即座に快験する――

――と、とある相撲取りが、町与力の新五郎へ話したと申す。新五郎は、

『埒(らち)もない。妄説じゃ。』

と思いながらも、それからほどないある日のこと、新五郎、はなはだ歯が痛み、苦しみに堪えざればこそ、思わず、

「……ひ、肥後の国三の君……肥後の国三の君……肥後の国三の君……」

と、言われた通り、かく唱えたところが、先ほどまでの痛みが、これ、嘘のようにかき消えて御座ったと。

 私の下僕らへ新五郎が話したとのことなれば、一応、記しおくことと致す。

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 10 帝都東京――看板あれこれ | トップページ | 中島敦 南洋日記 十一月三日 »