フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« フヱアリの 國   八木重吉 | トップページ | ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ 4 休暇の始まり »

2013/12/01

われを思ふ人を思はぬ報にやわが思ふ人のわれを思はぬ 萩原朔太郎 (評釈)

  われを思ふ人を思はぬ報(むくい)にやわが思ふ人のわれを思はぬ

 これは歌と言ふべき者でなく、むしろ歌の形式を借りた一種の箴言と見るべきだらう。勿論詩的價値はゼロであるが、觀念的には戀の不思議な眞相を穿つて居る。

[やぶちゃん注:昭和六(一九三一)年第一書房刊「恋愛名歌集」の「古今集」の部の掉尾。「むくい」はママ。一般に「思はば」は「もはば」と詠む。当該歌は「古今和歌集」の「卷第十九 雜躰」の一〇四一番歌の「よみ人知らず」の和歌で、前の一〇三七番歌以降ここまでの「読人知らず」五首は以下に見るように一連の一般的恋愛通念を皮肉った類似性の強い恋愛アフォリズム的和歌群の掉尾に配された和歌である(引用は岩波新日本古典文学大系版を正字化して示したが、読みの一部は省略した。また、後の語注では一部で底本の注を参考にした)、
 ことならば思はずとやは言ひはてぬなぞ世中(よのなか)の玉襷(たまだすき)なる
 思ふてふ人の心のくまごとに立(たち)ちかくれつゝ見るよしも哉(がな)
 思へども思はずとのみ言ふなれば否(いな)や思はじ思ふかひなし
 我をのみ思ふと言はばあるべきをいでや心は大幣(おほぬさ)にして
 我を思ふ人を思はぬ報ひにや我が思ふ人の我をおもはぬ
第一首(一〇三七番歌)の「ことならば」は「如ならば」で、同じことなら、の意。「玉襷」は本来は真心込めて対象に対して思いを掛けるの意の歌語であるのを逆に反則的に使用していい加減な、中途半端な、の意で用いている。
第二首(一〇三八番歌)は相手の心の隅々にまで隠れ潜んでその真意をすべて知りたいという。相手の心底を隈なく知ろうとすることは恋愛の情趣から著しく逸脱する。
第三首(一〇三九番歌)の「否や」は拒絶表現で、この歌主は恋愛の「かひ(甲斐/効)」、思いを掛けて努力した結果として代償、期待出来るだけの価値を恋愛に求めている。これは万葉以来の「あやめも知らぬ恋」(道理の通らない盲目的恋)の伝統から外れる。
第四首(一〇四〇番歌)の「いでや」は相手への抗議口調の呼びかけで、「大幣」とは宮中行事の大祓(おおはらえ)で用いられるもので、祭儀中に人々が寄って集(たか)って引き寄せて自身の穢れをそれに移し、後に川に流した大きな幣。そこから、引く手数多の浮気っぽい相手をシンボライズした。古来、恋は一途なものでなくてはならなかった。
本第五首はいわば、以上のまさに「道」ならぬ不満たらたらの恋愛不具合は、いや、まさに「道」から外れたものであるゆえに仏さまの因果応報の罰がかく下るのかと、再びものほしげな不満を込めているようにも思える。確かに詩想には欠けるものの和歌嫌いの私などには現代人に共通する『戀の不思議な眞相』の本音の喜劇性と歌語を逆手に取った俳諧的諧謔味があって頗る面白く感じられる歌群である。]

« フヱアリの 國   八木重吉 | トップページ | ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ 4 休暇の始まり »