フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一つの冒瀆  萩原朔太郎 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 8 東京大学構内 »

2013/12/02

耳嚢 巻之八 雜穀の鷄全卵を不産事

 雜穀の鷄全卵を不産事

 

 或る在方にて、鷄を多く飼ひてたまごを取(とり)、商ひける者、米價たつとき時節にもありけん、米をあてがわず粟を以て飼(かひ)けるに、其玉子不殘割(のこらずわり)候へば半月の如くなりしと也。あわを以て飼ける故や、又米穀ならず雜穀なれば其精氣薄く、たま子も又不全哉(や)、人間もまた其心得も有べき事なり。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:特になし。「耳嚢 巻之七」の「蕎麥は冷物といふ事」との類似性が感じられる。なお鶏卵は主に流通機構の問題から江戸時代は高級食材で、庶民の一般的消費物としては普及していなかった。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 雑穀で飼育した鶏は全卵を産まない事

 

 ある田舎にて、鶏を多く飼って卵を取っては、それを商(あきの)うて御座った者が、米価が高騰した折りででもあったものか、飼料に米を与えず、粟を以って飼(こ)うたところ、どうにも売れ行きが悪い。試みにその一つを割ってみたところ、黄身が半分しかなかった。そこで、産みたての玉子を残らず割ってみて御座ったところが、悉く黄身は半月のようになっておったと申す。

 粟を以って飼ったゆえであろうか、または米穀ではなく雑穀であるからして、その精気も米に比して有意に半減するがゆえに、卵もまた不全なものとなってしもうたものか。……これ、人間の場合にもまた、当てはまるものとして心得ておくべきことである。

« 一つの冒瀆  萩原朔太郎 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 8 東京大学構内 »