フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ひまはりばな 萩原朔太郎 短歌五首 明治三九(一九〇六)年七月 | トップページ | 耳嚢 巻之八 食物をまづ試るをおにといふ事 »

2014/01/21

耳嚢 巻之八 長竿といふ諺言の事

 長竿といふ鄙言の事

 

 下ざまの諺に、長竿(ながさほ)にする、又長竿に成るといふは、人の首尾あしき事などいふなり。倒(たふ)るといふ事にや、其子細わかたざりしに、先年京都御普請に登りし人の物語りに、禁中にさほの間といふあり、長き間に留(とま)りは一段落(おち)て、しらす樣の由。禁中伺候の輩不埒なる者は、右竿の間にて其罪を申渡(まうしわたし)、右白洲樣の處へ突出す事の由。鄙諺(ひげん)長竿も、かゝる事によつて云習(いひならは)しけるやしらずと、人の語りぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:付句の由来と故事由来譚で軽く連関するか。寧ろ、一つ前の「すあまの事」などの有職故実シリーズである。

・「鄙言」「ひげん」と読む。田舎の言葉。また、世俗の言葉。鄙語(ひご)。

・「長竿にする、又長竿に成る」とは、当時一般的には、俗語で遊女が客に冷たく当たること、また、客が遊女と縁を切ることをいう。根岸はその辺をちょっとぼかして言ったのであろう。

・「さほの間」棹の間は小板敷(こいたじき)の間(清涼殿の南面から小庭に突き出た殿上の間に登る所にあった板敷きの部分。最下層の殿上人である蔵人らが伺候する場所であった)の西にあった間で、底本鈴木氏によれば、『御椅子の覆いをかけておく棹がある所』とある。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 長竿という俚言の事

 

 下世話の謂いに、「長竿(ながさお)にする」また「長竿になる」と申すは、所謂、その方面の遊び人の、これ、首尾のよろしからざることなんどを申す語で御座る。

 長過ぎる竿は立てとして倒るること多ければ、それより、不首尾に終わる、と申す意に転じたものででも御座ろうか、なんどと勝手に思うておったものの、その子細に就きては一向分からず御座ったところが、先年、京都の御所御普請のため、上洛致いた御仁の物語りに、

「……禁中清涼殿には棹(さお)の間と申すところが御座る。このひょろ長き間の、清涼殿の前の小庭へ出るとどのつまり、端っぽのところは、板敷がさらに一段落ちて御座いまして、そこは丁度、お白洲のようになって御座います。……」

との由にて、

「……さても禁中伺候(しこう)の輩の内、不埒なる行いを致いたる者は、この棹の間にてその罪を申し渡しまして、かのお白洲の如き所へ、どんと、突き出だすを、これ、習いと致いて御座る由にて……かの、根岸殿のご不審で御座った俚諺の例の『長竿』と申すも、このような故事によって言い習わされたることか……あ、いや、確かなことにては御座いませぬが……」

と、その御仁が語って御座った。

« ひまはりばな 萩原朔太郎 短歌五首 明治三九(一九〇六)年七月 | トップページ | 耳嚢 巻之八 食物をまづ試るをおにといふ事 »