フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 2 市中嘱目1 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 69 我が死なんずることは、今日に明日を繼ぐに異ならず »

2014/01/25

耳嚢 巻之八 廻文章句の事

 廻文章句の事

 

 文化の頃、俳諧の點者に得器といゝて滑稽の頓才なる有(あり)しが、田舍渡(わたり)せしころ、奉納の額に梅を畫て、お德女の面をかきしを出して、是一讀せよと申けるゆゑ、一通りにては面白からじと、即興に廻文(くわいぶん)の發句せし。

  めんのみかしろしにしろしかみのむめ

 達才の取廻しともいふべきか。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:和歌技芸譚から俳諧技芸譚へ。

・「文化の頃」「卷之八」の執筆推定下限は文化五(一八〇八)年夏。因みに文化は十五年(一八一八)年までで同年に文政に改元している。

・「廻文」回文。和歌や俳諧などで上から読んでも下から逆に読んでも同じ音になるように作ってある文句。かいもん。

・「得器」方円庵得器。神田お玉ヶ池在住の江戸座の中の談林派俳諧に属した宗匠島得器。底本鈴木氏の注に『寛政ごろ活躍』したとある。

・「田舍渡」俳諧師の営業法の一つで、岩波版長谷川氏注には『田舎をまわり、揮毫や俳諧の指導などをし歩くこと』とある。

・「お德女の面」底本鈴木氏の注に、『原本には、本ノママと傍書あり(三村翁)。尊経閣本「お福女の面とある』とあるから、所謂、お多福の面である。

・「めんのみかしろしにしろしかみのむめ」は、

 面のみか白しに白し神の梅

である。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 回文(かいもん)章句の事

 

 文化の頃、俳諧の点者にて方円庵得器(ほうえんあんとっき)と申し、滑稽の頓才が御座ったが、田舎渡りを致いて御座った頃のこと、とある地方の社(やしろ)にて、奉納の額にて、梅を描いたものにお多福の面を添え書きしたものを出だされて、

「これに一句詠まれよ。」

と申しつけられたによって、

「――これ――ただ一通りの発句にては、面白う御座るまい。」

と、即興に回文(かいもん)の発句をものしたと申す。

  めんのみかしろしにしろしかみのむめ

 いや、なかなかに達者なる才気の執り成しともいうべきものにて御座ろうか。

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 2 市中嘱目1 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 69 我が死なんずることは、今日に明日を繼ぐに異ならず »