フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 血留妙藥の事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 42 颱風少年モース 或いは puer eternus Edward »

2014/01/09

耳嚢 巻之八 解毒の藥の事

 解毒の藥の事

 

 甘草と黒大豆をとうぶんに煎じ用ゆれば、癒(いゆ)る事奇々妙々の由。山本宗英物語なり。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:山本芸英談話で直連関の民間療法三連発。これ、今もちゃんと販売してまっせ! ご関心の向きは薀蓄も十分に語られた株式会社自然健康社「よもぎ健康市場」のズバリ! 「黒豆解毒茶」をお読みあれ!……しかし売らんかなでこれだけバキバキに薬効を宣伝しておいてしかも、『よもぎ健康市場の許可なく、サイト内の写真・テキストの無断転載を禁じます』たぁ、よく言ったもんだ。引用する気も失せたわ。商売するならコピーや効能ってもんは口コミでもなんでも伝播しなきゃ意味ないぜよ! この私の注の書きようによっては、顧客も増えたかもしれんのに、残念なことで御座ったな。なお、例の通り、「宗英」は「芸英」と訂した。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 解毒の薬の事

 

 甘草と黒大豆を等分に調剤なして煎じて服用すれば、如何なる中毒もたちどころに快癒致すこと、これ、奇々妙々の由。

 これもまた、山本芸英(うんえい)の物語で御座った。

« 耳嚢 巻之八 血留妙藥の事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 42 颱風少年モース 或いは puer eternus Edward »