フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 3 市中嘱目2 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 二 原始動物の接合(2) ゾウリムシ~本文追加リロード »

2014/01/26

耳嚢 巻之八 口中妙藥の事

 口中妙藥の事
 昆布を煎じて口中を洗(あらひ)、西瓜の上の皮を黑燒にして附(つけ)れば奇々妙々治す。舌疽を愁(うれひ)し人に施せしに立所(たちどころ)に治せしと、官位長嶋某密(ひそか)に傳之(これをつたふ)。
□やぶちゃん注
○前項連関:特になし。民間療法シリーズ。
・「昆布」昆布自体の黒焼きが口内炎に効果があるという記載がネット上には散見される。口臭予防薬としての効能も挙げられてある。
・「西瓜の上の皮」ネット上の記載には西瓜の皮を焦がして粉にして口に含むと口内炎に効くとあり、また現在の漢方では西瓜の皮は重要な薬の原料でコレステロール減少効果や血管拡張作用を持つともある。
普通、私たちは、果肉だけを食べて皮は捨ててしまいますが、中国では皮を漬け物にしたり、前菜料理に使ったり、フルに利用されています。
皮の部分に、栄養が多いことを考えれば、実に合理的なムダのない利用法といえます。
・「官位」岩波のカリフォルニア大学バークレー校版は『官医』とする。底本の鈴木氏注に、『長島家は瑞得が半井驢庵の門人で綱吉に仕え、五世の孫秀門(ヒデユキ)は、名を元説といい、天明五』(一七八五)『年番医となった』とある。番医は番医師で若年寄支配、営中の表方にあって医療を受け持ち、また、桔梗の間に宿直して不時の際の治療に当たった官医のこと。
■やぶちゃん現代語訳
 口内炎の妙薬の事
 昆布を煎じたもので口の中を洗浄した後、西瓜の一番上の部分の皮を黒焼きにしてつければ、信じ難いほどに即効で治る。
「舌に出来た腫れ物を愁えていた患者にこの処方を施したところ、立ち所に治癒致いた。」
と御番医師の長嶋某殿、こっそりとこの処方を私に伝えて下された。

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 3 市中嘱目2 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 二 原始動物の接合(2) ゾウリムシ~本文追加リロード »