フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 長竿といふ諺言の事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 52 モース、一時帰国の途へ 第十章~了 »

2014/01/21

耳嚢 巻之八 食物をまづ試るをおにといふ事

  食物をまづ試るをおにといふ事

 

 食味を試(こころみ)るを、おにをするといふ事、埒(らち)なき事哉(かな)とおもひぬるに、禁中におにの間といふ所あり。關東御賄所(まかなひどころ)にもおに役といふ者あれば、おにといふ事、古き事なるべし。文字は於煑などゝもかくやと、語りし人に尋(たづね)けるが、それはしらずと答ふ。有職の再論をまつためこゝに記す。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:禁中有職故実由来俚言譚二連発。

・「おに」には飲食物の毒味役の意がある。「鬼食ひ」は貴人の食物の毒味を謂い、禁中に於いて元旦に天皇が飲む屠蘇を薬子(くすりこ)と称する少女が鬼の間(後注参照)から出て試食したことに由来するとされている。酒や湯茶の毒味の場合は「鬼飲み」などとも言った。

・「おにの間」鬼の間。清涼殿内の西南の廂の間の一室の名(南側が天上の間東端で北は女房の詰め所である台盤所)。東の殿上の間との境に当たる南壁に魔除けとして白沢王(はくたくおう:古代インド波羅奈国(はらなこく)の王で鬼を捕らえた剛勇の武将と伝えられる人物。)が鬼を斬る絵が描いてあったことに拠る。

・「關東御賄所」江戸城内の調理担当部署。

・「於煑」食い物を火にて煮て毒を消し去る毒消し、また、地獄の鬼の釜の中で煮るに等しき毒消、いや、毒味なれば地獄の鬼に釜で煮らるる如き苦渋決死の役という冗談ででもあろうか。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

  食物の毒味を致すを「おに」と申す事

 

 食味の毒味を試むることを「おにをする」と申すが、これは埒(らち)もないことじゃとずっと思って御座ったところが、禁中に「おにの間」と申す所が、これ、あるとのこと。

 実に関東御賄所(おんまかないどころ)に於いても、「おに役」と申す毒味役の者が御座るによって、実にこの毒味を「おに」と申す、相当に古きことなので御座ろう。

「……字は、これ……『於煑(おに)』なんどとでも書くので御座ろうか?」

と、試しに、これを語って呉れた御仁に訊ねてみたが、

「……いや、どのような字を書くかは、これ、存じませぬ。……」

と答えで御座った。

 これが如何なる淵源を持ったる言葉なるか、有職故実の再論議を俟たんがために、ここに記しおくことと致す。

« 耳嚢 巻之八 長竿といふ諺言の事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 52 モース、一時帰国の途へ 第十章~了 »