フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 竹橋起立の事 | トップページ | 鬼城句集 冬之部 淺漬 淺漬や糠手にあげる額髮  »

2014/01/12

大和本草卷之十四 水蟲 蟲之上 蝦

蝦 河海ニ多シ河蝦大ニシテ足ノ長キアリ海ヱヒヨリ味ヨシ

杖ツキヱヒト云山州淀川ノ名産也凡ヱヒハ腹外ノ水カキ

ノ内ニ子アリ蟹モ腹ノ外ニ子アリ海中ニヱヒ多シ凡蝦ニ

ハ毒アリ不可多食瘡腫及痘疹ヲ患ル者勿食久シテ

味變シタル尤毒アリ雷公曰無鬚者及煮熟反テ白キ

者有大毒〇靑蝦長一寸許海草ノ内ニ生ス有毒不

可食雞食之必死ス

〇やぶちゃんの書き下し文

蝦〔えび〕 河海に多し。河蝦〔かはえび〕、大にして足の長きあり、海ゑびより味よし。杖つきゑびと云ふ。山州淀川の名産なり。凡そゑびは腹外の水かきの内に子あり。蟹も腹の外に子あり。海中にゑび多し。凡そ蝦には毒あり、多食すべからず。瘡腫〔さうしゆ〕及び痘疹〔とうしん〕を患へる者、食ふ勿れ。久しくして味變じたる、尤も毒あり。雷公曰く、「鬚の無き者及び煮熟〔にじゆく〕して反つて白き者、大毒有り。」と。靑蝦〔あをえび〕、長さ一寸許り、海草の内に生ず。毒有り。食ふべからず。雞〔にはとり〕、之を食へば必ず死す。

[やぶちゃん注:「蝦」節足動物門 Arthropoda 甲殻亜門 Crustacea 軟甲(エビ)綱Malacostraca ホンエビ上目 Eucarida エビ(十脚)目 Decapoda に属する生物の内、異尾(ヤドカリ)下目 AnomuraAnomala)とカニ(短尾)下目 Brachyura を除いた生物群の総称であるエビについては、他に私の電子テクストである寺島良安の「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」の「鰕」本文及び私の注をも参照されたい。

「河蝦」エビ(十脚)目エビ(抱卵)亜目コエビ下目テナガエビ上科テナガエビ科 Palaemonidae 若しくはその下位のタクソンテナガエビ亜科 Palaemoninae の内、淡水及び汽水域に棲息する仲間、若しくは淡水産の代表種である同テナガエビ亜科スジエビ Palaemon paucidens を指していよう。但し、後に異名として出す「杖つきゑび」という呼称からは寧ろ、テナガエビ亜科テナガエビ属 Macrobrachium(狭義には Macrobrachium nipponense に「テナガエビ」の和名が与えられているが同属には多くの種が含まれる)の方がその呼称にはすこぶる相応しいと考えられる。但し、この呼称は現在では顕著な差別和名として認められないであろう。残念ながら。

「山州」山城国(現在の京都府中南部)。

「蝦には毒あり」一般的なエビ類全般には個体由来の有毒成分はない。過食に依る消化不良、本文にも出る他の病気で免疫力の低下した患者の雑菌やウィルスの経口感染若しくは腐敗毒(これも本文に「久しくして味變じたる」とある)による食中毒や寄生虫症、及び有毒プランクトン摂取によって毒化した個体の摂取、さらには甲殻類アレルギーなどの、稀なエビ食による食中毒の症例や症状を指していると考えておく。

「瘡腫」瘡蓋の出来る腫れ物を広義に指す。

「痘疹」天然痘。もがさ。

『雷公曰く、「鬚の無き者及び煮熟して反つて白き者、大毒有り。」と』の部分は中国の本草書「証類本草」(「経史証類備急本草」。本来は北宋末の一〇九〇年頃に成都の医師唐慎微が「嘉祐本草」と「図経本草」を合してそれに約六六〇種の薬と多くの医書・本草書からの引用文を加えて作ったものだが、後世に手が加えられている)の「巻第二序例下」の「淡菜」の「蝦」の項に全く同一の文が載る。「雷公曰」とあるが、これは中国最古の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」の元となった「素問」などで黄帝が対話する架空の神人である。

「靑蝦」この名と「一寸許り」(約三センチメートルほど)で海産とあるところからは、私などは北海道太平洋岸から根室野付半島までの浅いアマモ場などに棲息する薄緑色を呈する抱卵亜目タラバエビ科モロトゲエビ属ミツクリエビ Pandalopsis pacifica が頭に浮かんだ大きさも一~五センチメートルで、成体の体色はすこぶる鮮やかである。但し、無論、ここに記されるような毒性はないし、これは前の「雷公」の注意書きに惹かれて、何らかの本草書からおどろおどろしい怪しげな叙述を引いたとしか私には思われない。なお、アオエビという和名を持つエビは実在するが、これは似ても似つかぬややグロテスクな(と私は思う)抱卵(エビ)亜目異尾(ヤドカリ)下目コシオリエビ上科 Galatheoidea に属する、最近は食用に供されるようになってきたところの、深海性大型種オオコシオリエビ Cervimunida princeps の仲間である Cervimunida jhoni に与えられているもので本記載とは無縁である。]

« 耳嚢 巻之八 竹橋起立の事 | トップページ | 鬼城句集 冬之部 淺漬 淺漬や糠手にあげる額髮  »