フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十一年 六甲ホテル | トップページ | 萩原朔太郎 短歌八首 明治三八(一九〇五)年十二月 »

2014/01/16

杉田久女句集 11 押し習ふ卒業式の太鼓判

  私立女學校に圖畫を教ふ 一句

 

押し習ふ卒業式の太鼓判

 

[やぶちゃん注:久女は特別な絵画教育を受けたわけではないようだが、夫で中学校美術教師であった宇内は東京上野美学校西洋画科卒でもあり、大正一一(一九二二)年に橋本多佳子が弟子入りした際も、『作句もしたし絵も描かされた』(底本年譜。因みにこの年譜は久女の長女石昌子氏の編になる、めったにない書く人の情の伝わってくる優れた年譜である)とある。ここで言う「私立女學校に圖畫を教ふ」というのは、年譜に於いて、大正一二(一九二三)年『四月に私立勝山女学校(現在の市立三萩野商業)にて宇内の代理として図画と国語を教える。校長吉村女史の経営の苦労を援助して、市立に昇格するまで数年間教壇に立』ったとあることを指している(珍しく作句時期が限定出来る句である)。他にも大正一三(一九二四)年の項に福岡『県立京都(みやこ)高等女学校(福岡県京都(みやこ)郡行橋(ゆくはし))にて、卒業生と父母を対象とする手芸、フランス刺繡の講習会講師。鍛冶町にメソジスト教会建設のバザー出品のため、刺繡、手工芸品(貝合わせ玩具など)製作』とあり、久女には美術工芸の素養があり、手先も器用であったことが窺われる。]

« 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十一年 六甲ホテル | トップページ | 萩原朔太郎 短歌八首 明治三八(一九〇五)年十二月 »