フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 51 雌を追うて草に腹返す蠑螈の緋 | トップページ | 耳嚢 巻之八 墓手桶の歌贈答の事 »

2014/02/13

篠原鳳作句集 昭和六(一九三一)年一月

昭和六(一九三一)年

 

探梅の馬車ゆるることゆるること


[やぶちゃん注:本句は同年一月の『天の川』支社句稿とある。この月に鳳作は鹿児島市に『天の川』支部を創設している。]

 

地下室は踊の場(には)や犬橇(のそ)の宿

 

[やぶちゃん注:「犬橇(のそ)」樺太で犬橇のことを「のそ」と呼ぶ。日露戦争後に南樺太が日本領となった後は北海道や東北にも広まったらしく(ここまで紅殻氏の「帝國ノ犬達」の樺太の犬橇(ノソ)に拠った。リンク先では当時の実際の「のそ」の写真も見られる)、これを樺太での嘱目(鳳作が樺太に旅したという事実は見いだせない)とすることは出来ない。但し、「地下室」という特殊な設定からは厳冬期に東北以北での景としか考えにくい。]

 

一時雨一時雨虹はなやかに

 

   稻荷社

夕山や木の根岩根の願狐

 

[やぶちゃん注:前年十一月発表の句、

 花葛や巖に置かれし願狐

と同じ景のように私には思われる。とすれば「岩根」という語彙からもやはり桜島での嘱目吟とも考え得る。]

 

かかへゆく凧にこたへて櫻島颪

 

かかへゆく凧にこたへて櫻島(シマ)颪

 

[やぶちゃん注:本句は初詠が同年一月に行われた木曜句会(前田霧人氏の「鳳作の季節」(沖積舎平成一八(二〇〇六)年刊。リンク先はPDFファイルの全文)の年譜によれば、これは橋口白汀指導による句作会で鳳作は昭和四(一九二九)年十月入会している)で、後に三月発行の『泉』と『不知火』に掲載されてあるなお、後者のルビを持つ句形は『泉』の掲載句である。なお、この前田氏の評論は鳳作の事蹟を極めて実証的に検証されており、優れた評論である。是非、御一読あれ。

 

水仙やみたらしの水流れくる

 

[やぶちゃん注:「みたらし」御手洗。神仏を拝む前に参拝者が手や口を洗い清める水やその禊の場。

 以上ここまで、昭和六年一月の創作及び発表句。底本では次で示す二月の一句が何故か途中に挟まっているが移動させた。]

« 杉田久女句集 51 雌を追うて草に腹返す蠑螈の緋 | トップページ | 耳嚢 巻之八 墓手桶の歌贈答の事 »