フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 黄昏少將の事 | トップページ | 明恵上人夢記 33 »

2014/02/06

生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (1)鶏卵

     三 卵

Keiranndanmen

[雞卵の斷面]

 動物の卵の中で最もよく人の知つて居るのはいふまでもなく雞の卵である。それ故卵のことを述べるには、まづ雞の卵を手本として他のものをこれに比べるのが便利であらう。雞の卵は外面を石灰質の殼を被つて居るが、茹で卵の殼を剝いて見るとその下にはなほ二枚の極めて薄い膜があり、産まれて稍々時を經た卵であると、この二枚の薄い膜は卵の鈍端のところで少しく離れてその間に空氣を含んで居る。剝いた茹で卵の一方が凹んで居るのはそのためである。以上だけの皮に包まれた卵の内容は誰も知る通り白身と黄身

とであるが、黄身の表面にはまた一枚の透明な薄い膜がある。生の卵の黄身を箸で挾むと形の崩れるのはこの膜を破るによる。かく雞の卵にはさまざまの部分があるが、その中には是非なくてならぬ主要部と、たゞこれを包み保護するための附屬部との區別がある。

まづ卵は如何にして生ずるかを見るに、牝雞の腹を切り開いて腸などを取り去ると、正面の背骨の側に粒の揃はぬ小球が多數多集まつた恰も葡萄の房の如き器官があるが、これが卵巣であつて、ここではたゞ卵の黄身だけが出來る。葡萄の粒の如くに見えるものは後に一つづつ卵の黄身となるものである。また卵巣の傍から始まつて、肛門の内側まで達する婉曲した太い管は輸卵管であって、卵巣を離れた黄身はこの管を通過する間に、その壁から分泌した白身によつて包まれる。かくして白身と黄身との揃つた卵は輸卵管の出口に近い太いところまで來て暫く留まるが、その間に石灰質の殼が附け加へられ、初めて完全な卵となつて産み出されるのである。

« 耳嚢 巻之八 黄昏少將の事 | トップページ | 明恵上人夢記 33 »