フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十四年 雲仙 | トップページ | 萩原朔太郎 弁慶 短歌八首 大正二(一九一三)年十月 »

2014/02/07

杉田久女句集 47 羅を裁つや亂るゝ窓の黍

 

羅を裁つや亂るゝ窓の黍

 

[やぶちゃん注:「羅」は「うすもの」と訓じている(底本索引から)。「黍」は単子葉植物綱イネ目イネ科キビ Panicum miliaceum か、イネ科トウモロコシ Zea mays の孰れであろうか?  単漢字「黍」からは前者(トウモロコシならば「玉蜀黍」と書いて「きび」と振るか)なのであるが、どうしても私はこれはトウモロコシのように思われてならないのである。

 薄絹の透明感――裁ち鋏のハレーション――ザワザワと乱れる窓外のトウモロコシ――乱れる悶々と鬱屈した久女の心――「羅」「裁つ」(切れ字)「亂る」という語彙の選びといい、ゴッホ張りの窓枠が額縁と化した向こうの玉蜀黍畑の動景といい、写生でありながら、その実、カメラは反転して――触れなばシャッ!――と――斬れんばかりの――窓の中(うち)に愁いに沈む女の心象を風景として描き出して余りある。――と感じるからである。大方の御批判を俟つものである。]

« 橋本多佳子句集「海燕」  昭和十四年 雲仙 | トップページ | 萩原朔太郎 弁慶 短歌八首 大正二(一九一三)年十月 »