フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (1)鶏卵 | トップページ | 忘るまじ――井上英作氏諌死の日―― »

2014/02/06

明恵上人夢記 33

33

一、又、眞惠僧都(しんゑそうづ)之許に到る。饗膳を設けて、成辨幷に義林房(ぎりんばう)を饗應せらると云々。

[やぶちゃん注:「一」という項を設けておいて「又」と記すのはここが初めてで(以下、しばしば見られる)、これは同日中に複数の夢(若しくは連続していたものの明恵自身がその連続性を思い出せなかったのかも知れないが、敢えて明恵が項を起こすというのは別な夢であると考えた方がよい)を見たことを意味すると考えてよい(二つ後の「35」夢は「同十日」とあり、この前の「33」夢は「同月八日」であるから、「九日」としないのは「32」夢に続いて、建永元(一二〇六)年六月八日深夜から九日未明にかけて見た夢ということになる(次の「34」夢も同じでこの「33」の後に九日早暁に見た夢と考えてよいであろう)。

・「眞惠僧都」「33」夢注に示した通り、底本には『長良流の従五位下藤原宗隆男で東寺一長者となった大僧正法務真恵か』とある(但し、彼が東寺長者に補任されたのは明恵の没六年後の嘉禎四・暦仁元(一二三八)年九月である)。

・「義林房」既注。明恵の高弟喜海。]

 

■やぶちゃん現代語訳

33

一、また、その後に同じ夜、続けて見た別の夢。

「私は真恵僧都(しんえそうず)の元を訪ねている。見ると僧都は既に豪華な饗膳の座を設けておられ、私並びに義林房二人を如何にも懇ろに饗応なされるのであった。……」

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (1)鶏卵 | トップページ | 忘るまじ――井上英作氏諌死の日―― »