フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (4) ヒトの卵巣 | トップページ | 三女アリスは全治致しました »

2014/02/17

フランスの古城の執事の私は惟光というナンジャヤラホイ夢

今朝方、見た夢。
私は広大な葡萄園を持ったフランスの古城(文字通りの「シャトー」で本当に古風な城なのである)に勤める執事なのである(但し、年齢は20代の頃の私である)が、私は私の名が何故か「Koremitu」であると強く認識している(「源氏物語」のあの光の側近の「惟光」である!)。
城の主人は若いフランス人で、今日訪ねてこられて主人と城の一画で一緒におられる(時刻はまだ昼過ぎでそらは青く雲一つない上天気である)その恋人の女性も無論、フランス人なのだが(窓から遠くを歩く二人を見ただけだが孰れも私より若そうだ)、何故か私は主人を「Monsieur Hikaru」、恋人を「Mademoiselle Yu-gao」と呼んで、何やらん、やはり若いフランス人男性の召使いとフランス語(!)で喋っているのである。
そのうちに私の顔が青ざめてくる(この時、私は執事を演じている私を映画のように見ていたのである)。そうしてフランス語で召使いに何かを激しく命ずるようだが、召使いは恐れおののいて、ノン! ノン! と手を振って室外へと逃げ去ってしまう……焦った表情の私……
この瞬間――見ている私は執事を演じている私となったのが感じられた――すると私が考えていることが分かったのである――
「……いけない!……今夜、ここでお二人が過ごされれば……夕顔さまは……命を落とされる!……早く……それを分かるようにお伝えしなければならぬ!……しかし果して間に合うだろうか?……」
と……。(ここで覚醒)
 

« 生物學講話 丘淺次郎 第十章 卵と精蟲 三 卵 (4) ヒトの卵巣 | トップページ | 三女アリスは全治致しました »