フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 126 唐黍を燒く間待つ子等文戀へり | トップページ | 杉田久女句集 128 くゞり摘む葡萄の雨をふりかぶり »

2014/03/16

杉田久女句集 127 櫓山荘っぽい句



紅葉狩時雨るゝひまを莊にあり

 

[やぶちゃん注:「莊」はつい、櫓山荘を想起してしまう。何故、「しまう」かであるか?――そう想起すると、この句柄には必ずしもしっとりと落ち着いたものとしての感懐の背後に、そうでない微かな心の動きが感じられようになってしまうからである。しかも私はそれを秘かに楽しんでもいるのであるが。]

 

知らぬ人と默し拾へる木の實かな

 

[やぶちゃん注:これもやはり櫓山荘っぽい。]

 

髮よせて柿むき競ふ燈下かな

 

[やぶちゃん注:大正八(一九二九)年「燈」は底本の用字。角川書店昭和四四(一九六九)年刊「杉田久女句集」は下五を「燈火」とする。従えない。この句の背景は作句年代から櫓山荘ではない。]

 

甕たのし葡萄の美酒がわき澄める

 

[やぶちゃん注:これもまたしても櫓山荘っぽい。但し、本句集は編年型ではあるものの、季題別編集であるから、これらの句が全く別々のシーンの中で作られた(それは全く同じか幾つか同じ場所かも知れず、また、そうではないのかも知れない)可能性も当然あるわけではある。]

« 杉田久女句集 126 唐黍を燒く間待つ子等文戀へり | トップページ | 杉田久女句集 128 くゞり摘む葡萄の雨をふりかぶり »