フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 117 萩 | トップページ | 杉田久女句集 119 葉鶏頭 »

2014/03/12

杉田久女句集 118 箒おいてひき拔きくべし雞頭かな



箒おいてひき拔きくべし雞頭かな

 

[やぶちゃん注:私偏愛の句。「雞頭」は「けいと」と読んでいよう。これを「けいと」と読む例は、例えば白神山地は西津軽郡深浦町にある、十二湖の一つ「鶏頭場の池」を「けいとばのいけ」(或いは「けとばのいけ」とも)と読む例を挙げれば十分であろう。なお、この「雞頭」は残念なことに、後に続く二句が葉鶏頭の句であることによって――私にとっての第一読の印象は間違いなくあの鮮烈な紅い色そして独特の形状の花穂を持ったヒユ科ケイトウ属 Celosia argentea であったのだが――鶏頭ではなくて葉鶏頭の可能性が高いことが分かる。ナデシコ目ヒユ科 Amaranthoideae 亜科ヒユ属ヒユ亜種ハゲイトウ Amaranthus tricolor var. mangostanus である。……しかし……ここに至っても個人的にはやはり、これは葉鶏頭ではなく真正の鶏頭の方が「絵」になると感じてしまう私がいる。孰れも晩秋の季語であるから、必ずしもこれを葉鶏頭に同定する必要はないし、久女の家の庭に両種が植えられていたとしても何らおかしくはない。ここはやはり私はあの真正の鶏頭と採って鑑賞する。

 ここで久女は自身の行動を映画のようにモンタージュしている。

――庭掃除をする私

――ふと何か堪走った視線を送る私の眼!(クロース・アップ)

――箒を タン! と置き放つ私

――花壇に近づく私

――枯れかけ萎みかけた赤い鶏頭(クロース・アップ)

――摑む私の手(クロース・アップ)

――力を込めて一気に! ひき抜く!

――庭の落ち葉焚き

――投げ入れられる赤い鶏頭

――くすぶり煙を上げて燃え始める鶏頭

――見つめる私……

……そうして……その「私」が、あの妖艶な久女の顔であってみれば……この句、凄絶と謂わずして何と言おう。]

« 杉田久女句集 117 萩 | トップページ | 杉田久女句集 119 葉鶏頭 »