フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 疊   山之口貘 | トップページ | 杉田久女句集 129 むかご »

2014/03/17

篠原鳳作句集 昭和九(一九三四)年一月

昭和九(一九三四)年

 

幕合ひの人ながれくる花氷

 

花氷藝題のビラを含みゐる

 

天翔るハタハタの音(と)を掌にとらな

 

秋天に投げてハタハタ放ちけり

 

ハタハタの溺れてプール夏逝きぬ

 

颱風をよろこぶ血あり我がうちに

 

[やぶちゃん注:この句は鳳作の没した昭和一一(一九三六)年九月十七日から一年後の翌昭和十二年九月発行の『セルパン』に朝倉南男編「篠原鳳作俳句抄」として載ったものの一句。ここに配されている以上は句作データが残るものと思われる。]

 

  *冬たのし

好晴の空をゆすりて冬木かな

 

好晴の空をゆすりて冬木あり

 

[やぶちゃん注:前者が昭和九(一九三四)年一月発行の『傘火』の、後者が同年三月発行の『天の川』の句形。「好晴」は「かうせい(こうせい)」で快晴と同義であるが、冬の季語でもあるらしい。余談であるが、同義語でありながら「快晴」が季語だという話は聴いたことがない。如何にも奇怪な話である。これだから有季の非論理性には虫唾が走る。それは伝統俳句の文学性の核心であるなどとというのであれば、後生大事の歳時記は実際の季節や生物生態とおぞましいほどに齟齬する無数の博物学的記載を金輪際やめたがいい。以下、「うたたねや」までの五句は『傘火』に前書「冬たのし」で連作で載ったものである。

 

筆たのし暖爐ほてりを背にうけ

 

室咲や暖爐に遠き卓の上

 

[やぶちゃん注:「室咲」(むろざき)は盆栽や切り枝を室内の炉火などで暖めて早咲きさせたものを指す。]

 

椅子の脚暖爐ほてりにそり返る

 

うたたねや毛糸の玉は足もとに

 

[やぶちゃん注:以上、十一句は底本の昭和九年一月相当のパートに配されたもの。]

« 疊   山之口貘 | トップページ | 杉田久女句集 129 むかご »