フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「信濃」 昭和二十年 Ⅺ 冬の月いでて歩廊の海冥き | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和九年(百七句) Ⅴ »

2014/04/18

杉田久女句集 201 秋雨や瞳にこびりつく松葉杖

  かな女樣來訪。十月振りの來訪とぞ嬉し。

秋雨や瞳にこびりつく松葉杖

 

[やぶちゃん注:「かな女」杉田久女とともに大正期を代表する女流俳人長谷川かな女(かなじょ 明治二〇(一八八七)年~昭和四四(一九六九)年)。本名カナ。東京日本橋生。私立松原小学校卒業後、小松原塾で学び、明治三六(一九〇三)年、十六歳で三井家に行儀見習いで入ったが心臓の病気により辞し、明治四二(一九〇九)年二十二歳の時、英語の家庭教師でホトトギスの俳人であった富田諧三(後の長谷川零余子)と結婚、その頃より自身も句作を始め、大正二(一九一三)年には高浜虚子が女性俳人育成のために始めた婦人俳句会『婦人十句集』の幹事役を務めた。大正一〇(一九二一)年に夫零余子が『枯野』」を創刊して主宰となるとそれをよく助けた。昭和三(一九二八)年に零余子が死去し、その直後に新宿柏木の自宅が全焼、埼玉県浦和市(現在のさいたま市)に転居した。また夫の俳誌を『ぬかご』と改題、後に『水明』を創刊して没年まで主宰した(以上はウィキの「長谷川かな女」に拠った)。久女より三つ年上で、大正六(一九一七)年以来の『婦人十句集』の先輩で盟友でもあった(無論、夫零余子とも親しかった)。本句の大正九(一九二〇)年当時は三十三歳。久女にはこの時の、腎臓病による入院時を綴った随筆「病院の秋」がある(末尾に『大正九年十月十八日 病床にて認む』」というクレジットがある)が、冒頭にまさに雨の中を見舞いに来たかな女が描写されており、そこに『御病氣以來、十月ぶりで外出なさったといふかな女樣を、四年ぶりで拜し』(底本の第二巻所収のものを用いたが恣意的に正字化した)とあるから、この「松葉杖」をついているのはかな女である。]

« 橋本多佳子句集「信濃」 昭和二十年 Ⅺ 冬の月いでて歩廊の海冥き | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和九年(百七句) Ⅴ »