フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« またはじまった 山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一一(一九三六)年 赤ん坊 »

2014/04/16

篠原鳳作句集 昭和一一(一九三六)年七月   壁

  壁

 

我が机ひかり憂ふる壁のもと

 

夜となれば神祕の眇(すがめ)灯る壁

 

くしけづる君がなげきのこもる壁

 

幽き壁夜々のまぼろし刻むべく

 

古き代の呪文の釘のきしむ壁

 

[やぶちゃん注:最後の一句を除いた三句が七月発行の『天の川』に載った「壁」連作。最後の「古き代の」は鳳作没後の翌昭和十二年九月発行の『セルパン』に朝倉南男編「篠原鳳作俳句抄」として載ったものの一句であるが、確かに連作「壁」の一句と見られる。実は最後の「古き代の」句は底本では「くしけづる」の句の後に挿入されている。これは「くしけずる」の句の別稿と編者が採ったためかとも推測されるが、その配置は私はとるべきではないと考える。何故なら、それによって「幽き壁」(老婆心乍ら「幽き」は「くらき」と読む)の句が「壁」の連作でないように読めてしまうからである(それとも事実、これは「壁」の連作ではないのでろうか?)。

 鳳作の作品の中でも超弩級に難解な(と私は感ずる)句群である。前田氏は前に引用したように、ここには鳳作が罹患した致命的な病魔に関わる(それを前田氏は明言を避けながらも脳梅毒ととっておられるように読める)『異様な雰囲気』を読み取っておられる(前田霧人氏の「鳳作の季節」二九三頁)。私はその解釈に対しては今のところ否定も肯定も出来ない。ただ、確かにこれらの――「壁」――「憂ふる壁」「神祕の眇」――そして「くしけづる君」その「君のなげき」それが「こもる壁」――「古き代の」ドルイド僧の低く呟くような「呪文」の響き――その「呪文の釘」のアップ――その呪いの釘が打ち込まれた「壁」が生き物のように「きし」んで音をたてる――といったシチュエーションすべてが、ある種の非常に不吉な『異様な雰囲気』を醸し出していて、目を離すことが出来ないものである、ということは間違いない私にとっての事実ではある――]

« またはじまった 山之口貘 | トップページ | 篠原鳳作句集 昭和一一(一九三六)年 赤ん坊 »