フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 羊   山之口貘 | トップページ | 橋本多佳子句集「信濃」 昭和十九年 Ⅳ 古雛をみなの道ぞいつくしき »

2014/04/04

篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年五月

  「レコードの夕べ」

 

樂澄めり椰子の瑞葉は影かざし

 

樂澄めりうつむける人蒼(さう)々と

 

デスマスク蒼くうかめり樂澄めば

 

樂きけり塑像の如き額(ぬか)しろく

 

[やぶちゃん注:五月発行の『天の川』掲載の四句連作。同月発行の『傘火』には後の二句は所収しない。全くの直感に過ぎないが、「デスマスク」を鳳作が思い浮かべているというのは、この聴いている「樂」がベートーヴェンのそれであったからではあるまいか? なお、前田霧人氏の「鳳作の季節」によれば、これらの句は、この昭和一〇(一九三五)年『四月に銀漢亭を訪ねた折、禅寺洞、影草と行った福岡の名曲堂喫茶部で、レコードを聴きつつ句作したもの』とある。

 

  港の町 起重機

 

起重機の巨軀靑空を壓しめぐる

 

[やぶちゃん注:「軀」は底本の用字。「壓」は底本では「圧」。]

 

起重機にもの食ませゐる人小さき

 

起重機の旋囘我も蒼穹(そら)もなく

 

起重機を動かす顏のしかと剛き

 

[やぶちゃん注:ここまでの四句は五月発行の『天の川』に標記の「港の町 起重機」で連作として発表されたものである。なお、前の「疲れたる瞳に靑空の綾燃ゆる」の注も参照されたい。

 

起重機の豪音蒼穹(そら)をくづすべく

 

[やぶちゃん注:「豪音」はママ。この句のみ、鳳作没後の翌昭和一二年九月の『セルパン』の朝倉南海男(「なみお」と読むか)編「篠原鳳作俳句抄」に載るもの。底本では「港の町 起重機」連作の頭に配されているいるが、ここへ移した。但し、確かに同『天の川』連作冒頭の「起重機の巨軀靑空を壓しめぐる」の初稿か別稿のようには見える。]

 

  續無季高唱『パアラアの夜』

 

ゴムの葉のにぶきひかりは樂に垂り

 

樂きけり塑像の如き人等ゐて

 

樂きくと影繪の如き國にあり

 

[やぶちゃん注:五月発行の『傘火』の連作。「續無季高唱」とあるのは、先に注したように、この前月四月発行の『天の川』がこの月から無季俳句の作品欄「心花集」を新設、その巻頭に、かの強烈な「ルンペン晩餐圖」五句が発表されたことを受けるものであろう(『傘火』は前に記したように『天の川』同人によって刊行されている同人誌であるからここで鳳作が『續』と題しても何ら問題はないと私は思う)。ただ、これらは、先に示した同月の『天の川』の連作「レコードの夕べ」と全くの同一シチュエーションの句であり、それらの句と比して特に深化(「續無季高唱『パアラアの夜』」と大上段に別に標題するほどの「進化」という謂いである)が認められるかというと、はなはだ疑わしいと言わざるを得ない。こういうのを私は俳句に於ける――前書の悪魔――と勝手に呼んでいる。なお、これらの句は、前田霧人氏の「鳳作の季節」によれば、この昭和一〇(一九三五)年『四月に銀漢亭を訪ねた折、禅寺洞、影草と行った福岡の名曲堂喫茶部で、レコードを聴きつつ句作したもの』とある。

 ここまでの十二句は五月発表句及び同月の創作句。]

« 羊   山之口貘 | トップページ | 橋本多佳子句集「信濃」 昭和十九年 Ⅳ 古雛をみなの道ぞいつくしき »