フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 185 耶馬溪羅漢寺一句外 五句 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和八年(四十四句) Ⅴ »

2014/04/09

篠原鳳作句集 昭和一〇(一九三五)年十月

  燈臺守よ

 

大空の一角にして白き部屋よ

 

浪音にあらがふいのち鬚髯白く

 

浪音にあらがふいのち鬚髯(ひげ)白く

 

[やぶちゃん注:前者が十月発行の『天の川』と『傘火』発表の、後者が同月発行の『俳句研究』発表の句形。最初の「大空の」一句を除く(これは『傘火』と『俳句研究』に載るが『天の川』には不載)この連作をこれら三誌に発表するというのは特異点で、鳳作にしてみれば相応の自信作であったものと思われる。]

 

この椅子にぬくみ與へて老いにける

 

晝ふかき星も見ゆべし侘ぶるとき

 

晝ふかき星もみゆべし侘ぶるとき

 

[やぶちゃん注:前者が十月発行の『天の川』と『俳句研究』発表の、後者が同月発行の『傘火』発表の句形。]

 

浪音にまろねの魂を洗はるる

 

[やぶちゃん注:ここまでが「燈臺守よ」連作。]

 

  海鳥生る

 

海神のいつくしき邊に巣ごもりぬ

 

海神の嚴(イツク)しき邊に巣ごもれる

 

[やぶちゃん注:前者が十月発行の『傘火』発表の、後者が同月発行の『俳句研究』発表の句形。]

 

雛生れぬ眞日のにほひのかなしきに

 

雛生(ア)れぬ眞白のにほひのかなしきに

 

[やぶちゃん注:前者が十月発行の『傘火』発表の、後者が同月発行の『俳句研究』発表の句であるが、この前句の「眞日」は単純に「眞白」の『傘火』の誤植ではあるまいか? 暫く並置する。]

 

海光のつよきに觸れて雛鳴けり

 

雛の眼に夜は潮騷のひびきけむ

 

雛の眼に夜はしほざゐの響きけむ

 

[やぶちゃん注:前者が十月発行の『傘火』発表の、後者が同月発行の『俳句研究』発表の句形。]

 

雛の眼に海の碧さの映りゐる

 

[やぶちゃん注:この句は『傘火』のみに載る。ここまでが「海鳥生る」の連作。]

 

  月光

 

月光のすだくにまろき女(ひと)のはだ

 

セロ彈けば月の光のうづたかし

 

月光のうづくに堪へず魚はねぬ

 

  時空

 

月光のこの一點に小さき存在(われ)

 

ひとひらの月光(つき)より小さき我と思ふ

 

[やぶちゃん注:以上、二つの「月光」及び「時空」連作はキャプションに『現代俳句 3』とある(恐らくは鳳作没後の昭和一五(一九四〇)年に河出書房から刊行された「現代俳句」第三巻)。前田霧人氏の「鳳作の季節」によれば、この「時空」は、『デカルト、パスカルなど初歩の哲学が加味され』たもので、『この「時空」は鳳作の生活俳句の対象が妻や灯台守から、遂に自分自身に到達した記念すべき作品であり、まだ甘くはあるが、その後の「自嘲」、「ラツシユアワー」などの先駆をなすものである』とまさに鳳作の特異点の句として高く評価されておられ、共感出来る。

 

 ここまでの二十句は昭和一〇(一九三五)年十月発表及び創作(と判断されたものと思われる)句である。]

« 杉田久女句集 185 耶馬溪羅漢寺一句外 五句 | トップページ | 飯田蛇笏 靈芝 昭和八年(四十四句) Ⅴ »