フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 二月二十一日 / 中島敦 南洋日記 了 | トップページ | 橋本多佳子句集「信濃」 昭和二十年 Ⅻ »

2014/04/19

篠原鳳作初期作品(昭和五(一九三〇)年~昭和六(一九三一)年) Ⅲ



熔岩に陽をしづめたるキャンプ哉

 

[やぶちゃん注:この「熔岩」は前句のように「ラバ」ではなく、「ようがん」と普通に読んでいる。]

 

小春日の玉を解きたる芭蕉哉

 

[やぶちゃん注:単子葉植物綱ショウガ亜綱ショウガ目バショウ科バショウ Musa basjoo の花序は夏から秋にかけて出来る。]

 

山川に飯盒浸けあるキャンプ哉

 

天の川の下に張りたるキャンプ哉

 

[やぶちゃん注:本初期作品の上限は昭和五(一九三〇)年で、当時、鳳作は二十四歳であった。既注済みであるが、鳳作はこの前年の四月に帝大を卒業して鹿児島に戻っているが、この時期は職に就いておらず(これは当時発生していた極端な就職難という外因によるものと思われる)、年譜上からは俳句へと急速に傾倒していった時代と読み取れる。

 以下は私の極めて個人的な記載である。

 私は高校二年の夏、友人とともに大学生と偽って土方のアルバイトを数週間やり、その稼いだ金で二人してテントを買い、能登半島を一周した。その時、最初に泊まったのが七月下旬の能登金剛の浜だったが、そこで私は満天を埋める星空、そして天の川の下の――星が降る――という実感を生涯で初めて体験した。……私はこの句を詠みながら、そんな四十年以上前の十六の遠い昔を思い出していた。……]

 

滝壺にかよふ徑あるキャンプ哉

 

向日葵の花の首振るはやて哉

 

山川の瀨に手を洗ふ墓參かな

« 中島敦 南洋日記 二月二十一日 / 中島敦 南洋日記 了 | トップページ | 橋本多佳子句集「信濃」 昭和二十年 Ⅻ »