フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ・カテゴリ 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 急遽始動 / 続黄梁 | トップページ | 曲り角   山之口貘 »

2014/05/04

柴田天馬訳 蒲松齢 聊斎志異 酒虫

 酒虫しゅちゅう

 長山ちょうざん劉氏りゅうしは飲みすけで、いつも独酌で一かめはあけるのである。負廓くるわそと一の田が三百あって、その半分にはむぎを植え、家は金持ちだったから、飲むために困るということはなかった。
 ある時、がいこくの僧が来たが、劉を見て、彼のからだには、ふしぎな病があると言った。劉が、
 「ないよ」
と答えると、坊主は言った、
 「あんたは、酒を飲んでも、いつも、酔わんじゃないかね」
 「そうだ」
 「それは、酒虫というやつなんだ」
 劉は驚いて、医療りょうじを求めた。坊主が、
 「わけは、ない」
と言うので、どんな薬がいるのか、聞くと、坊主は、
 「いらんよ」
 と言って、日なかに、うつむけに寝させ、手足を縛ってから、五寸ばかり頭を離れたところに、一かめの良い酒を置いただけであった。しばらくすると、喉が、かわいて、ひどく飲みたいと思った。酒のにおいが鼻にはいって、饞火ほしさ三大熾もえていながら、飲めぬのが苦しいのである。と、喉が、にわかに、かゆくなった、と思うと、吐き出した物があって、すぐ酒の中に落ちた。いましめを解いてから、それを見ると、長さ三寸ばかりの、赤いのやつが、魚が泳いでいるように、うじうじと動いていた。口や眼が、ことごとく備わっているのである。
 劉は驚いて、金をやったが、坊主は受けとらず、ただ虫をくれと言うので、何に使うのかと聞くと、
「これは酒の精なのです。甕の中に水を貯え、虫を入れて、かきまぜると、良い酒が、できるのです」
 と言った。劉が試させてみると、果たして、そのとおりだった。
 劉は、それから、酒を、かたきのように、にくんだが、からだが、だんだん瘦せてきて、家も、日々、貧乏になってゆき、のちには、飲み食いも、できなくなった。

 異史氏りょうさいいわく、日に一石を尽くしても、その富をそこなうことがなく、一斗も飲まずに、たまたま、もって貧を増す、というのは、飲み食いが、がんらい、運命で、きまっているのでは、あるまいか。ある人が、虫は劉の福で、劉の病ではないのを、僧が、ばかにして、自分の術を、なしとげたのだ、と言ったが、そうか、そうでないか。

     注

一 城郭に接した良田である。史記の蘇秦伝に、蘇秦が「吾をして負郭の田二頃あらしめば、吾あに能く六国の相印を僻びんや」と言ったとある。ここでは負郭を、くるわ外、と訳しておく。
二 中国の一畝は、わが六畝ほどにあたる。三百畝は、わが十八町歩ぐらいである。
三 饞は、食慾であるが、ここでは飲慾に用いてある。くいたさ、では前文と一致せず、のみたさ、では原字と一致せぬので、ほしさ、と訳した。苦しいのである。

■原文

 酒蟲

  長山劉氏、體肥嗜飲。毎獨酌、輒盡一甕。負郭田三百畝、輒半種黍。而家豪富、不以飲爲累也。一番僧見之、謂、
「其身有異疾。」
劉答言、
「無。」
僧曰、
「君飲嘗不醉否。」
曰、
「有之。」
曰、
「此酒蟲也。」
劉愕然、便求醫療。曰、
「易耳。」
問、
「需何藥。」
俱言不須。但令於日中俯臥、縶手足。去首半尺許、置良醞一器。
移時、燥渴、思飲爲極。酒香入鼻、饞火上熾、而苦不得飲。忽覺咽中暴癢、哇有物出、直墮酒中。解縛視之、赤肉長三寸許、蠕動如游魚、口眼悉備。
劉驚謝。酬以金、不受、但乞其蟲。問、
「將何用。」
曰、
「此酒之精、甕中貯水、入蟲攪之、即成佳釀。」
劉使試之、果然。劉自是惡酒如仇。體漸瘦、家亦日貧、後飲食至不能給。
異史氏曰、「日盡一石、無損其富。不飲一斗、適以益貧。豈飲啄固有數乎。或言、『蟲是劉之福、非劉之病、僧愚之以成其術。』然歟否歟。」

« ブログ・カテゴリ 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 急遽始動 / 続黄梁 | トップページ | 曲り角   山之口貘 »