フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山之口貘第二詩集「山之口貘詩集」新作十二篇 思潮社新全集との対比検証終了 | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 梅雨の藻 »

2014/06/26

杉田久女句集 243  花衣 Ⅺ 久女ちゃんは蛙好き!

大樹下の夜店明るや地藏盆

 

[やぶちゃん注:「地藏盆」は八月二十三日~二十四日(古くは陰暦七月二十四日)に行われる行事で石地蔵にお飾りをして祀り、様々な余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。]

 

涼み舟門司の灯ゆるくあとしざり

 

羅に衣(そ)通る月の肌かな

 

遠泳の子らにつきそひ救助船

 

潮あびの戻りて夕餉賑かに

 

潮あびの子ら危險なし旗たてゝ

 

上つ瀨の歌劇明りや河鹿きく

 

[やぶちゃん注:角川書店昭和四四(一九六九)年刊「杉田久女句集」では昭和八(一九三三)年のパートに配されている。を流れる川に佇み蛙の声が響き、その上流直近に歌劇場があるのであろうか? ロケ地が私には分からない。識者の御教授を乞うものである。]

 

水疾し岩にはりつき啼く河鹿

 

河鹿きく我衣手の露しめり

 

河鹿なく大堰の水も暮れにけり

 

[やぶちゃん注:「大堰」は「おほい」で大堰川のことか。京都府北桑田郡南部から船井郡園部町・八木町と亀岡市を経、保津峡(この部分は保津川とも呼ばれる)に入るまでの河川で、保津峡の出口嵐山から下流は桂川と名を変えて淀川に合流する(以上は平凡社「世界大百科事典」に拠る)。]

 

病快し河鹿の水をかふるなど

 

忘れゐし河鹿の蜘蛛を捜さばや

 

[やぶちゃん注:ちょっとした発見! 久女は蛙が好きで飼っていた!] 


蛙きく人顏くらく佇めり

« 山之口貘第二詩集「山之口貘詩集」新作十二篇 思潮社新全集との対比検証終了 | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 梅雨の藻 »