フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「紅絲」 草矢 | トップページ | 飯田蛇笏自選句集 靈芝 表紙 国立国会図書館蔵 »

2014/07/14

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十三章 アイヌ 19 石仏

M407

図―407

M408

図―408

 

 モロラン〔室蘭〕に近づくにつれて、土地の隆起の証跡が明瞭に見られた。水に近い崖は、図407に示す如く、数フィートの高さに切り込まれていた。土壌は軽石で出来ているらしく思われたが、これは以前火山性の活動があったことを示している。白老からの長い道中、人家は一軒も見ず、人間の証跡とては、所々に粗末な、荒廃し果てた祠がある丈であった。荒廃はしていても、その前面に花が僅か供えてあるのを見ると、とにかくそれに気をつけている人があることが判る。ざっとした枠構えの下の像は、二個の石から成り立っていて、頭を代表する、より小さい石が、より大きな石の上にのっているに過ぎない。頭には長い糸を両側にたれた、布製の帽子がかぶせてあった(図408)。

[やぶちゃん注:「数フィート」一フィートは三〇・四八センチ。「数」一般に二~三、若しくは五~六の少ない数を漠然と示すもので、それだと、

 2~3フィート=60・96~91・44センチメートル

 5~6フィート=152・4~182・88センチメートル

となる。ここでは長い方、後者を採りたい(そもそも2~3の方なら、科学者であるモースはその数字を煩を厭わず示すはずだからである)。以後も私は、

 数フィート=2メートル弱

と読み替えることとする。因みに孰れも既に注してあるが、しばしば出る「数マイル」(1マイルは約1・6キロメートル)はこの換算では、

 数マイル=約3・2~9・6キロメートル

となり、私は常に、

 数マイル=10キロ弱

と読み替えることにしている。同様に「数インチ」(1インチは2・54センチメートル)は、

 数インチ=約8センチメートル弱から15センチメートル強

というところになるから、私は常に、

 数インチ=15センチメートル強

と読み替えてきた。以下、「数インチ」「数フィート」「数マイル」の注は煩瑣なので略すこととする。

「二個の石から成り立っていて、頭を代表する、より小さい石が、より大きな石の上にのっているに過ぎない」風化した地蔵尊のように見受けられる。江戸後期に移植した和人が建立したものであろう。個人サイト「あの頂を越えて」の「北海道の石仏・石塔」によれば『歴史は浅い北海道には道祖神や庚申塚は見かけません。それでもお寺や神社などに石碑や石仏を見付けることができます』として、北海道札幌市中央区伏見の「藻岩山の石仏」の石仏群、北海道札幌市南区簾舞(みすまい)の「空沼岳の龍神地蔵」の写真が見られる。後者の竜神地蔵は特異なものでなかなかよい。]

« 橋本多佳子句集「紅絲」 草矢 | トップページ | 飯田蛇笏自選句集 靈芝 表紙 国立国会図書館蔵 »