フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(26) その日頃  | トップページ | 杉田久女句集 251  花衣 ⅩⅨ 冬凪げる瀨戸の比賣宮ふしをがみ / 初凪げる和布刈の磴に下りたてり »

2014/07/19

杉田久女句集 250  花衣 ⅩⅧ 冬濱のすゝ枯れ松を惜みけり

  萬葉企救(きく)の高濱根上り松次第に煤煙に枯るゝ 一句

 

冬濱のすゝ枯れ松を惜みけり

 

[やぶちゃん注:「企救の高濱」は「万葉集」に「企救の濱」「企救の長濱」「企救の高濱」などと詠まれた歌枕で、現在の北九州市小倉北区赤坂附近から戸畑区の洞海湾湾口までの、響灘に面した国道一九九号線沿いの海浜を指す。現在は大方が臨海埋立造成によって全く消失しているが、往古は白砂と美しい根上り松(根の部分が地表から浮き上がっている松をいう)が群生し、太宰府へ行き交う旅人や大里宿へ通じる街道筋の美観として多くの人々の心を慰めたという。小倉の高浜町や長浜町はその地名の名残とされる。以下に「万葉集」の当地の詠歌を総て示す。

 

 豊國の企救の濱辺(はまへ)の眞砂地(まなごつち)眞直(まなほ)にしあらば何か嘆かむ                             (巻 七・一三九三)

 

あなたの私への思いがあの真砂のようにまっさらな清いみ心であたなら、どうしてかくも歎くことがありましょうという女の詠歌。

 

 豊國の企救の濱松ねもころに何しか妹(いも)に相言ひそめけむ (巻十二・三一三〇)

 

「松根」の「ね」に「めもころ」(懇ろ)を掛けた。どうして妻にお前にかくも恋を囁くようになってしまったのだろう、という男の側の恋の苦悶を詠む。『柿本人麻呂歌集に出づ』と後書する。

 

 豊國の企救の長濱行き暮らし日の暮れゆけば妹をしぞ思ふ    (巻十二・三二一九)

 

 豊國の企救の高濱高高(たかだか)に君待つ夜らはさ夜更けにけり(巻十二・三二二〇)

 

「高高に」は心の高揚感を掛ける。先に続く恋情に燃える同じ男の詠歌。

 

    豐前國(とよのみちのくちのくに)の白水郎(あま)の歌一首

 豊國の企救の池なる菱の末うれを摘むとや妹がみ袖濡れけむ (巻十六・三八七六)

 

菱の実の先を摘もうとしてあなたの恩袖は濡れ遊ばされたろうか、この恋情の相手は上流階級の女性か、と中西進氏(講談社文庫「万葉集」注)は注する。

 坂本宮尾氏の「杉田久女」によれば、久女の草稿には、既に出た、

 

くぐり見る松が根高し春の雪

 

の句とこの句の間に、

 

  この萬葉の根上り松は次第に煤煙と漁夫ら

  のあらすところにあり。今上陛下のよき御

  屛風の小倉赤坂の名所萬葉にうたはれし企

  救の高濱も次第に枯れ今數本あるのみ。お

  しむべし

 

との詞書があるとある(底本引用を恣意的に正字化した。「おしむべし」は底本にママ注記がある)。]

« 萩原朔太郎「ソライロノハナ」より「何處へ行く」(26) その日頃  | トップページ | 杉田久女句集 251  花衣 ⅩⅨ 冬凪げる瀨戸の比賣宮ふしをがみ / 初凪げる和布刈の磴に下りたてり »