フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 257      花衣 ⅩⅩⅤ 馬關春帆樓 三句 | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 忌月 »

2014/07/26

杉田久女句集 258 花衣 ⅩⅩⅥ 和布刈の鼻枕潮閣にて 二句

  和布刈の鼻枕潮閣にて 二句

 

新船卸す瀨戸の春潮とこしなへ

 

新艘おろす東風の彩旗へんぽんと

 

[やぶちゃん注:「和布刈の鼻枕潮閣」枕潮閣(ちんちょうかく)は現在の福岡県北九州市門司区門司にある百年以上の歴史を持つ河豚(ふぐ)料理専門の料亭。先に注した和布刈(めかり)神社(初凪げる和布刈の磴に下りたてりなどの注を参照)の境内から関門海峡に突き出した形で社務所の前に建つ。参照したMAC&JOY氏の「九州旅倶楽部」の枕潮閣と源平小菊で現在の画像が見られる。

「新船」「新艘」は恐らく「しんぞ」と読んでいると思われる。「新造下ろし」「新艘下ろし」は「しんざう(しんぞうおろし)」で新造の船を初めて水上に浮かべること、ふなおろしのことを言うが、これには別に他人の妻の敬称として「御新造(ごしんぞう)」(古くは武家の妻、後に富裕な町家の妻の敬称。特に新妻や若女房に用いた)があり、さらに音変化した「ごしんぞ」(これはさらに近世遊郭用語として、遊里で姉女郎の後見つきで客をとり始めた若い遊女の呼称ともなった。語源は遊女を舟に見立てたものともいうが不詳)がある。音数からも、この「しんぞ」の方が(それでも字余りではあるが)しっくりくるように思われる。]

« 杉田久女句集 257      花衣 ⅩⅩⅤ 馬關春帆樓 三句 | トップページ | 橋本多佳子句集「紅絲」 忌月 »