フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 259 花衣 ⅩⅩⅦ  | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 2 函館にて(Ⅱ) »

2014/07/27

杉田久女句集 260 花衣 ⅩⅩⅧ 

  タラバ蟹を貰ふ 二句

 

大釜の湯鳴りたのしみ蟹うでん

 

大鍋をはみ出す脚よ蟹うでる

 

  或家の初盆に 四句

 

うつしゑの笑めるが如し魂迎へ

 

美しき蓮華燈籠も灯を入るゝ

 

[やぶちゃん注:「燈籠」「灯」は底本の用字。次句も同じ。]

 

玄關を入るより燈籠灯りゐし

 

露の灯にまみゆる機なく逝きませり

 

  出生地鹿児島 五句

 

朱欒咲く五月となれば日の光り

 

朱欒咲く五月の空は瑠璃のごと

 

天碧し盧橘(ろきつ)は軒をうづめ咲く

 

[やぶちゃん注:「盧橘」はミカン属ナツミカン Citrus natsudaidai 又はミカン科キンカン属 Fortunella のキンカン類の別名で、食用柑橘類を広く総称する語としても用いられる。ここでは五月の初夏の句で季語は「天碧し」(「盧橘」は実のつく秋の季語)、「うづめ咲く」とあるから初夏に白い花をつけるキンカンである。]

 

花朱欒こぼれ咲く戸にすむ樂し

 

風かほり香欒(ざぼん)咲く戸を訪ふは誰ぞ

 

南國の五月はたのし花朱欒

 

  琉球をよめる句 十三句

 

常夏の碧き潮あびわがそだつ

 

爪ぐれに指そめ交はし戀稚く

 

栴檀の花散る那覇に入學す

 

島の子と花芭蕉の蜜の甘き吸ふ

 

砂糖黍かぢりし頃の童女髮

 

[やぶちゃん注:「童女髮」は「うなゐがみ(うないがみ)」と読んでいよう。]

 

榕樹鹿毛(かげ)飯匙倩(ハブ)捕の子と遊びもつ

 

[やぶちゃん注:「飯匙倩」の三文字に「ハブ」とルビする。これは有鱗目ヘビ亜目クサリヘビ科マムシ亜科 Protobothrops 属及び Trimeresurus 属に属するするハブの三角形の頭部が飯を掬う匙に似ることに由来するらしい(英名では西洋の騎士が用いた槍(ランス)に擬えて“lance-head snake”と呼ぶ)が、「倩」の意は不詳(「倩」には「愛らしい口元」とか「はやい」という意があり、この辺りが関係するか? 因みに「飯匙倩」音読みすると「はんし(又は「じ」又は「ひ」)せい」である)。「鹿毛」は本来は馬の毛色の名で、全体にシカの毛色のように茶褐色で鬣と尾及び四肢下部が黒色のものをいうが、ここは蔭に同音のこれを当てて、熱帯の異国風俗を強調したものであろう。]

 

ひとでふみ蟹とたはむれ磯あそび

 

紫の雲の上なる手毬唄

 

海ほうづき口にふくめば潮の香

 

海ほうづき流れよる木にひしと生え

 

海ほうづき鳴らせば遠し乙女の日

 

吹き習ふ麥笛の音はおもしろや

 

潮の香のぐんぐんかわく貝拾ひ

 

[やぶちゃん注:これらの句は久女六~八歳の頃の追想吟である。底本年譜によれば、久女は三、四歳までは鹿児島に住み、明治二九(一八九六)年六歳の時、父(鹿児島県県庁の官吏)が沖縄郡那覇県庁へ転勤(他県の県庁職員を転々と転勤するという、こうした人事があったのは少し私には意外である)したのに伴い、一家で那覇に移り、翌明治三十年四月に那覇の小学校に入学したものの、五月には父がまた転勤で当時の日本領であった台湾の南西の嘉義(現在の中華民国嘉義市)に転住、翌明治三十一年には台北に移ってここで久女は明治三十六年に小学校を卒業、上京して東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)附属お茶水高等女学校を受験して合格、入学した(一家は明治三九(一九〇六)年、久女十六歳の時に父が内地転勤となって東京に戻った)。]

« 杉田久女句集 259 花衣 ⅩⅩⅦ  | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 2 函館にて(Ⅱ) »