フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 飯田蛇笏 山響集 昭和十二(一九三七)年 夏 | トップページ | 耳嚢 巻之八 入定の僧を掘出せし事 »

2014/07/29

耳嚢 巻之八 桑の都西行歌の事

 桑の都西行歌の事

 

 八王子を、桑の都と土俗申(まうし)習はしけるは、玉川を越してあざ川と云ふ小さき川ある邊なる由。絶景の土地なり。富士をもよく見る所なり。西行の歌なりとて、故老の申傳へしは、

 字(あざ)川をわたれば富士の雪白く桑の都に靑嵐たつ

いかにも氣性ある歌なれど、いづれの集にも見へずと、是雲といへる法師の語りぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。西行伝承譚。和歌嫌いの私には退屈である。ウィキの「八王子市」に、『後北条氏および徳川氏から軍事拠点として位置づけられ、戦国時代には城下町、江戸時代には宿場町(八王子宿)として栄えた。明治時代には南多摩郡の郡役所所在地となり、多摩地域内で最も早く市制施行した。かつて絹織物産業・養蚕業が盛んであった為に「桑の都」及び「桑都(そうと)」という美称があり』、『西行の歌と伝えられてきた「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」という歌もある』とある。

・「あざ川」「字川」浅川。現在の東京都八王子市及び日野市を流れる多摩川の支流の一つ。

・「是雲」耳嚢 巻之八 雀軍の事の法螺話に出る。比較的新しい根岸の情報屋である。

■やぶちゃん現代語訳

 

 桑の都西行の歌の事

 

 八王子を「桑の都」と土俗が言い習わすのは、多摩川を越して「あざ川」(浅川)という小さなる川がある辺りを狭義には指す由。

 絶景の土地で、富士をもよく見える所である。

 西行の歌であるとして、故老の申し伝えている和歌には、

 

 字(あざ)川をわたれば富士の雪白く桑の都に青嵐たつ

 

とある。

「……まあ、いかにも西行らしい和歌では御座るが、孰れの集にもこれ、見えませぬ。」

と、是雲と申す知れる法師が語って御座った。

« 飯田蛇笏 山響集 昭和十二(一九三七)年 夏 | トップページ | 耳嚢 巻之八 入定の僧を掘出せし事 »