フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 連歌其心自然に顯るゝ事 | トップページ | 耳嚢 巻之八 赤貝和らか煮兩法の事 »

2014/09/21

耳嚢 巻之八 貫之の書ける月字の事並日野資枝和歌の事

 貫之の書ける月字の事日野資枝和歌の事

 

 土佐の國野田郡水田村、松山寺の土中より出し由。門前に八十餘の老婆ありて、此字貫之といふ人書(かき)たりとて、此寺の堂の上に釘にてしめ置(おき)たりと語りしに付、夫(それ)より敬し侍ると也。其圖左にしるしぬ。近頃日野一位資枝(すけき)卿其品を見て、

 世々遠く有るかなきかの影とめて月をかたみのみづぐきのあと

 

Tuki

 

□やぶちゃん注

○前項連関:狂句譚から和歌譚で連関。この段以降、急に図が増える。

・「野田郡水田村松山寺」郡名村名ともに不審。底本鈴木氏注に『野田、水田村の地名は見当らず、松山寺も現存しない』と記すが、岩波版の長谷川氏注には、高知県幡多(はた)郡大方町黒潮町伊田『にあった真言宗の寺。清岸山東光院松山寺。月字の額が寺宝として伝え羅られていた』とある。この寺は、開基は空海とか、本尊地蔵菩薩像は行基作とか、聖武天皇勅願所とかいった伝承が残っていたらしいが、明治初年頃に廃仏毀釈により廃寺となって、現在は黒潮町文化財史跡に指定されている(情報は同町の記事のキャッシュによる。但し、この寺の後身が観音寺と名を変えて無住ながら現存するらしい。後文参照)。また鈴木氏注は前に三村竹清の注を引いて、土佐幡多郡瀬海という地に松山寺という寺があり、そこに扁額にした「月」の字が残っている。言い伝えによればこれは紀貫之公が書き残したものであるとされるが、僻地なれば未だこのことを知れる人もない。この事蹟が徒らに忘れられて朽ち埋もれることを惜しんで、天明年中(一七八一年~一七八九年)に土佐藩士で和歌を好まれた春水尾池翁が顕彰した旨の引用記載(原文漢文。但し、最後に『文政十三年記』とあってこの記載自体は本「耳嚢」の記載よりずっと後の一八三〇年である)があり、ここに出る『尾池春水は名を敬永といい、日野資枝門の歌人国学者。紀貫之を崇拝し、藩主山内豊薙に書を請い、紀子旧跡の碑を建てた。文化十年歿、六十四』とある。

 さて、ところがネット上で検索した結果、この「月の字」の扁額は現存することが分かった。個人サイト「私の大方町」の月字の額は恐らく、これについての現在望みうる最も詳細な情報である。それによると(引用ではコンマを読点に変えさせて戴いた)、伊田の松山寺というのは『明治初年の廃仏棄釈で廃寺となり、その後復興して観音寺と称し、国道沿線に移って』おり、そこに、『紀貫之の書と言われている月字の額が残ってい』るとあり、幡多郡黒潮町伊田に現存する『観音寺は無住の寺であるため、月字の額とそれに関係した文書類は、現在、伊田部落の区長宅に保管されている』とある。さらに、『この「月字の額」は、紀貫之が土佐守として比江の国府に在住していた時、自ら書して庁舎に掲げてあったものが松山寺に移されたと伝えられてきたが、貫之が幡多路へ巡察の足を伸ばしたことがあって、そのおり、松山寺へ立ち寄って書き残したものかもしれない』と考証され、『ある年の暮れ、松山寺の煤掃きの際、梁上に片付けてあったこの扁額を寺僧の誰かが不用物と思って塵焼き場で焼き棄てようとして気がつき、その焼け残りの「月」の一文字のみを取り上げて置いてあったものを、たまたま「尾池春水」が見出したものである』。『「尾池春水」は、後に幡多郡奉行となった政治家であり又歌人でもあるが、天明元年(1781)の春、高知への道中に松山寺に立ち寄って一泊』、そこで『住持台浄に、かねがね聞き及んでいた「月字」を見せてもらった春水は、これは紀貫之の真筆に相違ないと言って、その搨本(とうほん)を作り、京都の日野大納言資枝に送って鑑定してもらったのである。資枝は確かに貫之の筆になるものであるとして、所懐を一首和歌に託して送ってきた』とあって、まさに本話にある日野資枝の和歌が載っている(「搨本」は拓本のこと)。また『春水が寛政3年(1791)に書いた「月字額之記」と、同年篆刻(てんこく)の副本を作成した作成したおり書いた「月字墨本後序」も現在も伊田の区長宅に保存されている。また、月字の額を天下に顕彰した春水の徳を讃えて松山寺の住持龍昌がその遺歯を埋めて建てた「えい歯の碑」が、松山寺の後身である観音寺に現存』するともあって、『尾池春水は文化10年(1813)に没したが、それより後30年余りを経た弘化2年(1845)の貫之没後900年忌にあたり、一橋家の執事野々山市郎左衛門包弘という人が、貫之の月字の搨本(とうほん)を手に入れて感激し、更にそれを模刻して諸方の文筆愛好家に贈って、それらの人々から和歌を求めて一帖を作り、これに「月字和歌集」と題して松山寺に奉納した。上質の紙に筆写したその和歌集が、現在色なお新しくこれも伊田区長宅に保管されている』という現況の委細が記されてあって、実に緻密な事蹟記載に頭が下がる思いがする必読の頁である。また、検索で見つけたページでは松山寺跡とその後身である観音寺の現況写真が見られる。

・「日野一位資枝」「耳嚢 巻之五 日野資枝卿歌の事」「耳嚢 巻之五 鄙賤の者倭歌の念願を懸し事」等、本書では多く既出する。再注しておく。日野資枝(元文二(一七三七)年~享和元(一八〇一)年)は公家。日野家第三十六代当主。烏丸光栄の末子で日野資時の跡を継ぐ。後桜町天皇に子である資矩とともに和歌をもって仕えた。優れた歌人であり、同族の藤原貞幹(さだもと)・番頭土肥経平・塙保己一らに和歌を伝授した(著書に「和歌秘説」日)。画才にも優れ、本居宣長へ資金援助をするなど、当代一の文化人として知られた(以上はウィキの「日野資枝」に拠る)。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 紀貫之の書きたる「月」の字の事並びに日野資枝(すけき)卿の和歌の事

 

 土佐国野田郡水田村と申すところに松山寺という寺があるが、その境内の土の中より出でたるところの、紀貫之の書きたる「月」の字の扁額がある由。

 門前に八十余りの老婆が住んでおるが、その者の話によれば、

「この字はの、貫之というお人が書いたものじゃ。この寺の堂の上に、釘にて打ち付けおいたものなんじゃ。」

と語ったによって、それよりこの方、ずっと敬し奉っておる旨、聴いておる。

 その扁額の拓本から写した図を左に記しおいた。

 近頃、日野一位資枝(すけえ)卿が、その品(拓本にとったるもの)を御覧になられて、

 

 世々遠く有るかなきかの影とめて月をかたみのみづぐきのあと

 

と詠まれた、とのことで御座った。

« 耳嚢 巻之八 連歌其心自然に顯るゝ事 | トップページ | 耳嚢 巻之八 赤貝和らか煮兩法の事 »