フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 276 花衣 ⅩLⅤ 横濱外人墓地 一句 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 総説(Ⅱ) 山嶽 »

2014/09/23

杉田久女句集 277 花衣 ⅩLⅥ 筑前大島 十二句

  筑前大島 十二句

 

大島の港はくらし夜光蟲

 

濤靑く藻に打ち上げし夜光蟲

 

足もとに走せよる潮も夜光蟲

 

夜光蟲古鏡の如く漂へる

 

海松(みる)かけし蟹の戸ぼそも星祭

 

[やぶちゃん注:坂本宮尾氏は「杉田久女」で、『この句の中七は「ホトトギス」(昭和9・9)、久女の草稿、いずれも「蜑の戸ぼそ」となっている。句集に「蟹の戸ぼそ」とあるのは蟹(かに)と蜑(あま)という文字の形が似ているいるために植字段階で生じた間違いではないだろうか』と述べておられ、私もそれを支持するものである。以下に正しい句形を読みを附して示しておく。

 

海松(みる)かけし蜑(あま)の戸ぼそも星祭

 

実は当初、海産無脊椎動物フリークの私は、真顔で、砂蟹などの巣の入り口に海松が懸っているのを擬人化したのだな、などと独り合点して読んでいたことを告白しておく。]

 

  大島星の宮吟咏

 

下りたちて天の河原に櫛梳り

 

彦星の祠は愛しなの木蔭

 

[やぶちゃん注:坂本宮尾氏は「杉田久女」で、本句について、『まず「愛(かな)し」と読んで、それにつづく「な」は「何(な)」ととって、「祠(ほこら)には深く心を惹かれるか、いったいこれは何の木の陰であろうか」という意味と解釈しておく。木陰にある彦星の祠を見つけた作者の気分の高揚が伝わってくる』と鑑賞されている。穏当なところであろう。私は『高揚』というより、年に一度、盥の面を介してしか語り合えぬ貴公子(彦星)への強い愛惜の思いを詠んだものと思う。]

 

口すゝぐ天の眞名井は葛がくれ

 

  玄界灘一望の中にあり

 

荒れ初めし社前の灘や星祀る

 

大波のうねりもやみぬ沖膾

 

星の衣(きぬ)吊すもあはれ島の娘ら

          星の衣は七夕の五色の紙を衣の形に

          切り願事をしるして笹に吊すもの

 

乘りすゝむ舳にこそ騷げ月の潮

 

[やぶちゃん注:これらは底本年譜で、昭和八(一九三三)年の八月末に、響灘と玄界灘の境界部に面する現在の福岡県宗像市に属する筑前大島のほしの宮の七夕祭りに詣でており、その折りの吟詠と考えてよい。この年の旧暦の七月七日は八月二十七日であった。この島の中央部にある最高峰の御嶽(標高二百二十四メートル)の山頂には宗像大社中津宮の奥の院に当る御嶽神社がある。この山の麓の丘の上にある中津宮(船着き場近くでもある)には宗像三女神が生まれたという伝承を持つ天の真名井(まない)があるが、同時にここは本邦での七夕伝説発祥の地としても知られる。宗像大社公式サイトの「夏のまつり」によれば、ここでの七夕祭は古く、鎌倉時代から行われており、宗像大社中津宮の境内に流れる「天の川」を挟んで牽牛神社と織女神社が祀られており、現在では旧暦の七月七日に近い八月七日に島内で盛大に七夕祭りが行われる、とある。そこにある「筑前大島天の川伝説」や坂本宮尾氏の「杉田久女」にある同伝説によれば――昔、貴公子が唐の国に遣いし、何人かの唐人の織女を伴って帰国の途次、その内の一人と深い愛し合ったが、それは果敢ない仮初の縁でしかなく、帰国するや、貴公子は無論、都に戻ってしまい離ればなれとなった。織女を忘れられぬ貴公子は鬱々と日を過ごしていたが、ある夜、夢枕に天女が現われ、この筑前大島の中津宮に行けと告げる。来職を擲った貴公子はその中津宮の神官となった。ある星の美し晩、「天の川」に盥(たらい)を浮かべて禊(みそぎ)をしていると、その盥の中の水の面に織女が映っていた。二人はそうして秘かに二人きりの逢瀬を楽しんだという。――]

« 杉田久女句集 276 花衣 ⅩLⅤ 横濱外人墓地 一句 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 総説(Ⅱ) 山嶽 »