フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ツイッターで発見、感謝 | トップページ | 詩夢 その他 »

2014/10/30

杉田久女句集 296 杉田久女句集未収録作品 Ⅱ

 

皿の絵に赤くしみつく苺かな

 

幟ひたと默して暑き街道埃

 

[やぶちゃん注:「街道埃」は「みちぼこり」と訓じていよう。]

 

松原に虹美しき幟かな

 

明日の麥を井にかすや月出でにけり

 

椀のふたに花柚の香や朝うれし

 

干瓢干て日盛や連山せまる家

 

日盛土人葉かげのバナナ切りに入る

 

夏草を退きためし朝の潮かな

 

山畑の茄子なり盛る秋涼し

 

今朝秋や酢の香うせたる櫃の飯

 

パセリ添へて皿繪美し萩の夕

 

かけす馴れて婢の名を呼ぶや今朝の秋

 

[やぶちゃん注:ウィキの「カケス」によれば、スズメ目カラス科カケス Garrulus glandarius は「ジェー、ジェー」としわがれた声で鳴くき、英名“Eurasian jay”の“Jay”はこの鳴き声に由来するとし、また、『他の鳥の鳴き声や物音を真似するのが巧く、林業のチェーンソーや枝打ち、木を倒す時の作業音を「ジェージェー」の間奏を入れつつ再現することもある。飼い鳥として人に慣れたものは人語の真似までする』とある。私は鳥には疎いので吃驚り(私は実はかつて「日本野鳥の会」に属していたが、これは妻の家族会員というのが真相であった)。]

 

霧の中にボーと鳴る汽笛や默す夫婦

 

  五月振りに家に歸る 一句

 

妻留守の汚(よごれ)衣ためて秋暑し

 

秋空の如く瞳のすむ子かな

 

皿愛でて菊膾する旗日かな

 

コスモスやとまと切る皿の繪の模樣

 

婢をまぜて女三人やいもの秋

 

[やぶちゃん注:「三人」は「みたり」と訓じているか。]

 

間引菜を浸して寒し桶の水

« ツイッターで発見、感謝 | トップページ | 詩夢 その他 »