フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 1978年8月22日(21歳)の夢 | トップページ | 杉田久女句集 298 杉田久女句集未収録作品 Ⅳ »

2014/10/31

杉田久女句集 297 杉田久女句集未収録作品 Ⅲ



間引菜洗うて水切る笊や破れゐし

 

庭の菜を笊にうづたかし小春緣

 

箒すてて根深の肥に去りにけり

 

小包の繩切る柿の庖丁かな

 

箒目こまやかに葉雞頭のまはり掃きにけり

 

[やぶちゃん注:特異点の確信犯の字余りの句である。底本でも文字の詰めが最も著しい。ここまで見てくると、久女の非凡さが既に現われている。久女は句作のスタートに於いて既に意識的に音数律を壊して意識的に新たな久女の世界観を開こうとしていると私には読める。]

 

ひやゝかの竈に子猫は死にゝけり

 

[やぶちゃん注:私が久女の初期秀句として一番に選んだ句である。当時の女流の句に盛んに言われた『台所俳句』(この呼称は実に厭らしい。誰とは言わないが、あいつの名づけそうな実に悍ましい分類である)としても、これは他の追随を許さぬ美事な句であると私は断言する。]

 

夜寒さや棚の隅なる皿小鉢

 

魚に酢の利く間や菜を間引きけり

 

[やぶちゃん注:「菜」は「サイ」と音で読んでいるか。]

 

柿むいて澁に染む手の幾日かな

 

冬の朝道々こぼす手桶(をけ)の水

 

[やぶちゃん注:「をけ」は「手桶」のルビ。大正六(一九一七)年一月発行の『ホトトギス』(「台所雑詠」欄)への久女初掲載句の一句。]

 

凩や流しの下の石乾く

 

[やぶちゃん注:大正六(一九一七)年一月発行の『ホトトギス』(「台所雑詠」欄)への久女初掲載句の一句。]

 

妻若く前掛に冬菜抱きにけり

 

[やぶちゃん注:大正六(一九一七)年一月発行の『ホトトギス』(「台所雑詠」欄)への久女初掲載句の一句。既にして芸術的なスカルプティング・イン・タイムの句である。]

 

蠣飯に灯して夫を待ちにけり

 

[やぶちゃん注:「夫」は「とま」と訓じていよう。]

 

霜に映りて竈火震ふや霜の朝

 

霜に出して燃す七輪の屑炭(ガラ)赤し

 

[やぶちゃん注:「屑炭」の「ガラ」とルビ。]

 

枯菊の根の泥石を掘りて來し

 

氷豆腐の笊つる枝や北斗冴ゆ

 

[やぶちゃん注:パースの利いた、しかも凄絶なシャープさを持った秀句と私は思う。]

 

外厠に婢の行く音や夜半の冬

 

[やぶちゃん注:「外厠」は「とがはや」と訓じているか。]

 

魚見せて呼べど猫來ぬ寒さ哉

 

こはばりて死にし子猫や冬の雨


« 1978年8月22日(21歳)の夢 | トップページ | 杉田久女句集 298 杉田久女句集未収録作品 Ⅳ »