フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之一 24 羽州秋田、狐飛脚の事 | トップページ | 北條九代記 卷第六 三浦義村彌陀來迎粧を經營す »

2014/11/11

耳嚢 巻之九 武女勇壯の事

 武女勇壯の事

 

 日野氏知れる武家の妻の由、年久しく召仕(めしつか)ふ老女ありしが、子もなく知音(ちいん)もなければ目をかけて仕ひけるが、積る年の風(ふう)のこゝちにてはかなくなりけるを、痛ましく思ひて、七日七日の追善など菩提所へも遣し靈供などそなへて弔(とむらひ)を遣しける。日柄(ひがら)たちて、右奧方小用たしに便所へ夜更けてまかりしに、用事濟(すみ)て厠の戸をひらきしに、忽然とたゝずむ者ありし故あやしみて見しに、彼(かの)老女なりけるゆゑ、何故に汝はそこにありやと尋ねければ、御恨ありて爰にある由申けるゆゑ、何も恨みあるべき謂れなしと尋ければ、四十九日の法事をなし給はざるこそ御うらみなれと申(まうし)ければ、奧方怒りて云く、汝は一族もなく、久敷(ひさしく)召仕(めしつか)ふたる故に、これまで親族の如く弔ひもなしけるは、主人の慈悲なり、四十九日の法事一度除(のぞ)きたるとて何の恨(うらみ)かあるべき、老女存在の時かゝる不辨(ふわきま)へなる者にしもあらず、察する處、汝は狐狸の類ひなるべし、物の道理を知らざる畜生不埒なる事なりと申ければ、其理(り)其勇にや屈しけん、行方なく消え失せしとかや。かゝる事、夫にも不咄(はなさず)、はるか過(すぎ)て彼老女の事に付、物語の序(ついで)、右の趣咄しけると也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。私は妖狐譚と読む。

・「日野氏」順列と話柄からみて、四つ前の「人魂の起發を見し物語りの事」に出る高家旗本日野資施(すけもち)と考えてよい。

・「風」中風の意でとっておく。

・「七日七日の追善」は七日目ごとの法要。中有(ちゅう)満尾の四十九日のそれではない。ここではその四十九日目の正式な法事は省いたのである。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 武家の女房の勇壮なる事

 

 日野資施(すけもち)殿の知れる武家の妻の話なる由。

 その武家、年久しゅう召し仕(つこ)うて御座った老女のあったが、この者、子もなく、また、縁者知音(ちいん)もない、所謂、天涯孤独の身の上で御座ったによって、特に目をかけて雇うて御座ったれど、寄る年波、中風(ちゅうぶう)のようなる病態となって、じきに亡くなってしもうたと申す。

 あまりに傷ましゅう思うて、七日目毎の追善供養などにつき、日野氏の菩提所の方(かた)へも人を遣わし、丁重に霊前へ供え物などさせ、下女の身分ながらも破格に手厚う、弔いの儀を頼んでは、その度その度、遣いをやって営んで御座ったと申す。

 さて、それより暫く経ったある日のこと。

 かの武家の奧方、夜更けて小用をたしに便所へとまかり、用の済みて、厠(かわや)の戸を開けたところが、その目の前に、忽然と、誰やらん、佇んおる者のある気配が致いた。

 されば、怪しみてよぅ見てみたところが、何と、かの亡くなったる老女で御座ったによって、

「――なにゆえに、そなたはそこにおりゃる!」

と糺いたところ、

「……御恨み……これ……あって……ここに……おりまする……」

と申したによって、すかさず、

「――何も、恨みの、これ、あるべき謂われはない! 何を以って恨みと申すかッ!」

とさらにきつく糾いたところ、

「……し、四十九日の法事を……して下さらなんだこと……これこそ……御(おん)恨みなれ……」

と申したところが、奧方、烈火の如く怒って宣はく、

「――汝は一族ものう、久しゅう召し仕(つこ)うてやったがゆえに、これまであたかも親族の如くに弔いの儀、致いて参った。これは、これ、妾(わらわ)が主人の御慈悲にてあったものを! 四十九日の法事、これ、ただ一度省いたとて、これ、何の恨みのあるべきかッ!……老女存命の折りは、およそかかる弁えのない者にては、これ、御座らなんだわ!――さては……察するところ、汝は……狐狸の類ひに違いあるまいッ! 物の道理を弁えざる畜生なればこその、謂い! 不埒な物の怪がッ!!」

と激しく罵り喚(おめ)いた。すると――

――その理・その勇(ゆう)に屈したものか――

ふっと――

いづこともなく、その姿は消え失せて御座ったとか。

 また、かくも奇体なる変事のあったことを、これ、少しも夫に話すことものぅ、その後(のち)何年も経ってからのこと、かの老女の思い出話など致いて御座ったその物語りのついでに、

「……そういえば……このようなことの御座いました。……」

と、初めて、また、平然と、夫君にその出来事を披露致いたとのことで御座った。

« 甲子夜話卷之一 24 羽州秋田、狐飛脚の事 | トップページ | 北條九代記 卷第六 三浦義村彌陀來迎粧を經營す »